みさわ ひろと ブログ

【長岡市】川西地区市政報告会(2/16)

2024/2/16

【川西地区市政報告会2/16】

市長の説明を簡単にまとめました
・子育てのしやすさ全国11位
・保育サービスは日本一
・発達障害児とその保護者へのケアに1億8874万円を計上、県内随一の専門家配置
・町内会費用の増額
・県内で最も観光客が多いスポットは長岡市寺泊の市場通りで182万人を記録
・ニュータウン運動公園及び野球場二面を令和9年度に追加着工予定
・去年のツキノワグマの捕獲頭数は24頭、前年は7頭、その前年は3頭、対応に力を入れる
・民生委員の活動費増額
・住宅リフォーム支援金の増額

【各町内会からの質疑応答】

Q: 空き家の処分方法について、市が買い取って更地にしてくれる可能性はありますか?
A: 基本的に撤去費用は所有者が負担します。しかし、所有者不明や相続者不在の場合、市が介入して代執行を行い、後から所有者に請求する制度があります。ただしこの制度は、住民生活に実際の被害が及んでいる場合に限ります。

Q: 人口減少への対策について説明はありましたか?
A: はい、子育て支援を強化し、特に女性の流出を防ぐためにITやデザイン分野の企業誘致を進め、雇用創出を目指します。また、結婚支援として県の婚活サイトを活用し、婚活イベントを増やす計画です。

Q: 町内会費の値上げを検討していましたが、市からの補助はありますか?
A: 市からの補助が決定し、町内会費の値上げを検討していた件については解決へと進んでいます。

Q: 農村地域での下水処理に関して、水道管を数メートル伸ばすだけで、いくつかの家庭に下水道を通せるようになります。これに対する補助は可能でしょうか?
A: 下水道管の延長に関する補助は厳しい状況ですが、例外があるため、より詳細な相談が必要です。

Q: 大積宮本地区の交通手段の問題について、終電が19:35で不便です。改善策はありますか?
A: 買い物や生活維持のための移動手段の改善を目指しており、ライドシェアやいわゆる「白タク」の導入を検討しています。

Q: 子供の貧困問題と若者の経済的懸念にどのように対応しますか?
A: 若者の金銭的な苦労は非正規雇用の増加と不安定な職業環境に起因しています。地区の賃金上昇を目指し、特に給料を向上させるための取り組みを進めていきます。

Q: 道路の管理と整備に関する問題について、どのような対応を考えていますか?
A: 県道が市内を通過しており、県道と市道の区分けが不明確な問題に対応するため、市職員が県と協議を進めることを窓口として行います。

【個人的感想】
このような会合を、現役世代の生の声が届けられる場にしたいのだ。オブザーバーで若い人が来てもいいと思うのだ。
参加者のほとんどが退職後の年配の方だから、ワイの責任の重さを再確認したのだ。
そして会費7000円しんどいのだ。

この記事をシェアする

著者

みさわ ひろと

みさわ ひろと

肩書 長岡市議会議員/元自衛官
党派・会派 国民民主党

みさわ ひろとさんの最新ブログ

ホーム政党・政治家みさわ ひろと (ミサワ ヒロト)【長岡市】川西地区市政報告会(2/16)

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twittericon_twitter_whiteicon_youtube