選挙ドットコム

金井 たかし ブログ

地方議会による政策評価

2021/4/28

地方議会による政策評価

4月27日「都政新報」における早稲田大学マニフェスト研究所の長内紳悟氏による「アフターコロナの地方議会」の記事に、地方議会にとって示唆的なことが書いてありました。

制度として定着している行政評価ですが、この行政評価について、長内氏は、「本来的に行政は自らの評価を得意としない。なぜなら自らが担当する事業に最低評価を下すことは、自らの職員評価にもつながる不安を持つからだ。」としています。

このように考えれば、本来的には、議会が行政の評価をすることが望ましいものです。

長内氏は、この点について、事前と事後評価を分けて、

予算審議:政策の事前評価の場
決算審議:政策の事後評価の場

このようになっていなければならないとしています。

現在、多くの議会において、このようなことが明確に意識されていないものかもしれません。

EBPM「証拠に基づく政策立案」の視点から、

政策の事前評価の場では、「問題の状況や要因」を示すエビデンス(証拠)が必要であり、
また、
政策の事後評価の場では、「政策の効果」を示すエビデンスが必要となります。

これから、議会は、このようなEBPMの視点を明確にしていかなければならないものと思います。

この記事をシェアする

著者

金井 たかし

金井 たかし

選挙
選挙区

肩書 弁護士・武蔵野大学(江東区所在)法学部教授
党派・会派
その他

金井 たかしさんの最新ブログ

金井 たかし

カナイ タカシ/歳/男

月別

ホーム政党・政治家金井 たかし (カナイ タカシ)地方議会による政策評価

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube