選挙ドットコム

田島 麻衣子 ブログ

チャレンジ・アゲイン

2022/8/24

皆さま、こんにちは。参議院議員の田島まいこです。今後の3年間の活動をより充実させるために、事務所をあげて、これまでの3年間の活動を振り返り、内省や課題共有に取り組んでいます。

 

 外部の有識者の方々とも数多く意見交換をさせて頂く中で、出てきたのは「初心にかえる」という事です。さまざまな方から「田島さんは参議院議員として、何をやり遂げたいのか」と正面から問われました。迷いなく浮かんでくるのは「失敗しても、何度でも立ち上がる事のできる社会を作りたい」という想いです。 

 

ノーベル賞を1998年に受賞した経済学者のアマルティア・センは「貧しさ」を、単に金銭的な指標を用いるのではなく、幸せな人生を生きるために人が発揮すべき能力が奪われている状態と捉えました。私は世界の貧困問題の解決に少しでも役立つ事ができたらと、議員になる前は途上国で長く働いてきましたが、そこで能力に恵まれていてもそれを発揮する機会に恵まれない多くの子ども達に会いました。多くの場合本人の問題を超え、その地域の教育制度の不備、医療制度の不備、また地域の正義を守る仕組みの不備や、民主主義の欠陥などが原因になっていたように思います。 

 

対して世界で第三位の経済大国となった日本は、センがかつて指摘したような「貧しさ」を本当に脱却できたのでしょうか。実は、今も生き辛さを抱えていて、自分の可能性に挑戦する事ができずに、日々過ごしている人々は、思うよりも多いのではないでしょうか。国内でも、子どもや大人の学びのあり方、就職のあり方、子育てや介護のあり方、公平な社会負担のあり方や、失敗を過度に恐れる社会の価値観などが、人々の自分の可能性を信じて挑戦する気持ちを削いでいるように思います。 

 

失敗しない最善の方法は、挑戦しない事です。誰もが挑戦しなくなった社会は、やがて活力を失い衰退の道をたどるでしょう。 

 

2021年の参議院本会議で「誰もが何度でも挑戦できる社会へ」という内容の演説を行ったのは、一度社会のレールから外れてしまうと、再び戻る事が難しい社会のあり方について問題提起をしたいという思いがあったからです。 

 

また2022年の参議院予算委員会で、ウクライナ侵攻後核共有について国会ではじめて取り上げたのも、戦争は人々の人生の可能性を壊す最大の暴力との思いがあったからです。

 

「チャレンジ・アゲイン」 

 

初心に忠実に、誰もが生きたいように生きるために挑戦できる本当に豊かな社会を目指して、引き続き国政に取り組んで参ります。 

 

【追伸】 

上のチャレンジ・アゲインというテーマに関連して、社会人の生き方と深く結びつく『社会人の学びとキャリア開発』をテーマに、講演会を企画します。この分野の専門家の方々と、そして参加者の皆さんと、縦横無尽に語り合いたいと思います。 

 

日時:2022年9月5日19:00-20:30 

場所:ウインク愛知203号室 

 

一人でも多くの方々にお会いできる事を楽しみにしております。参加希望の方は、以下のフォームに事前登録をお願いします。

https://forms.gle/FcTjaMSTQwA2sWvU6

この記事をシェアする

著者

田島 麻衣子

田島 麻衣子

選挙 第27回参議院議員選挙 (2025/07/28)
選挙区

愛知選挙区 - 票

肩書 参議院議員(愛知県愛知県選出)
党派・会派 立憲民主党
その他

田島 麻衣子さんの最新ブログ

田島 麻衣子

タジマ マイコ/45歳/女

月別

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube