わたなべ 友貴 ブログ

公務員給与アップ条例案審査。

2023/12/1

先日、私が所属する総務財政委員会では、杉並区一般職員・会計年度任用職員の給与アップ等の議案審議がされました。


本件議案は、官民給与格差是正を主な目的にしたものであり、人事院勧告の通り、区へ報酬審から答申があり、提案されたものです。


給与アップの理由が、仕事ぶりへの直接の評価ではないとはいえ、やはり日ごろの職員の皆さんの真摯な仕事ぶりを見ていれば、当然、委員会は全会一致での可決だろうと思っていました。
 

採決結果はこちら↓


⭕️賛成⇒自民・公明・無所属都民ファースト・立憲・共産・一人会派2名 

 

❌反対⇒維新


はい、残念ながら維新のみ反対

全会一致にはなりませんでした。


維新さんは大変長時間反対理由を述べられていましたが、おそらく、「そもそもの公務員給与制度がよくないから、対処療法的な賃上げには反対」ということのようです。


ここで大切なことは、議案の賛否はイチかゼロ。


区職員さんの給与が【上がるか・ 上がらないか】の2択ということです。


どんな理由であれ、反対すれば賃上げには反対、ということです。


維新さんの言い分を真に受ければ、今回の賃上げに賛成したうえで、公務員給与制度改革について意見を付すこともできたはずです。


私の率直な感想は、『労働者になんとも冷酷な政党』です。


しかし、この維新さんの言い分には大変な矛盾があります。


それは、総務財政委員会の前日、文教委員会での維新さんの議案対応についてです。


文教委員会では、こちらも公務員の『幼稚園・学校教職員』 の給与について、人事院勧告に基づく報酬審の勧告通りの賃上げ条例案が審議されました。

 

その際の議案賛否はこちら。


⭕️賛成⇒自民・公明・都ファ・維新・立憲・共産・一人会派2人 

❌反対⇒なし
 

はい、全会一致です。


維新さんも賛成です

『公務員給与制度にそもそも問題があるから、対処療法的給与アップに賛成できない 』という趣旨の総務財政員会の反対理由は成立しません。

 

この矛盾を一切説明しない総務財政員会の長時間の意見開陳。


我々はいったい何を見せられていたのだ・・・


モヤモヤした気持ちが残ったまま、最終日の本会議。

 

とりわけ維新さんの議案賛否に注目したいと思います。


なお、同日の総務財政委員会では、区長等特別職の報酬アップ条例案(議員報酬も含む)も審議されました。


こちらの賛否は以下の通り


⭕️賛成⇒自民・公明 

❌反対⇒無所属都ファ・維新・立憲・共産・一人会派2名


岸本区政下で、2度目の委員会における条例案否決。 

 

おそらく、本会議でも否決される見込みですので、議案秘訣は初になりそうです。


こちらに関しては、 区長や議員は(額面上の)収入は一般家庭よりも多いから、上げる必要 はないという反対の皆さんのご主張も、ごもっともだと思います。

 

 ※あくまで額面上で、特段生活に余裕があるわけではないことは申し添えます。


自民党は報酬審の答申を尊重して賛成しましたが、反対された皆様のご意見も真摯に受け止めて、引き続き頑張ります٩( 'ω' )و

 

この記事をシェアする

著者

わたなべ 友貴

わたなべ 友貴

肩書 杉並区議会議員
党派・会派 自由民主党

わたなべ 友貴さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家わたなべ 友貴 (ワタナベ トモキ)公務員給与アップ条例案審査。

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twittericon_twitter_whiteicon_youtube