選挙ドットコム

さんのへ あや ブログ

2020年度予算案に「保育園入園選考のAIシステム」が入りました!

2020/2/17

令和2年度の予算審査を控え、膨大な資料の隅々まで目を通す日々の中…嬉しくなるようなニュースがありました! 私が政策として取り組んできた保育園の入園選考のAIシステムが、江東区での来年度予算案に入る事が決まりました。 昨年の決算審査でAIシステムについて議会質問し実現に向けて強く働きかけてきたところ、その成果が早くも出る形で、江東区の2020年度予算案に反映されています。 保育園の入園選考のAIシステムとは何か、どんなメリットが有るのか、当方の行った質疑と共に改めて説明します。 江東区に保育園の入園選考のAIシステムを導入すべく、私が議会質問を行ったのは2019年(令和元年)10月01日の決算審査特別委員会です。録画中継も有りますので是非ご覧下さい。 ********** 〜2019年(令和元年)10月01日 決算審査特別委員会(案)〜 録画中継①(https://koto-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=2075) 質問・答弁全文(https://sannohe-aya.work/koto-city-assembly_1st/settlement_1st/50.html) さんのへあや委員:保育園入園事務の効率化と、選考期間短縮を図るためのAIシステムによる選考の自動化について伺います。東京23区においても、年々導入する区がふえており、来年春は板橋区と荒川区での導入、また、港区でもテスト運用を始めているとのことです。毎年、約5,000名程度の認可保育園への申し込みがある本区としても、選考期間短縮に対し一定の効果があるものと認識しておりますが、現時点でのAIシステム導入に関する可能性と、現状の取り組みについて伺います。 ◯保育課長:本区では、31年4月の入所結果のデータをもとに、そういったシステム事業者と協定を結びまして、個人情報を抜いた形で実証実験を行いました。9月に結果が出ましたけども、整合率が90.3%という形で、10%ほど合致しないような状況となってございます。(略)なお、こうしたずれにおきましては、プログラムの設定を修正することで対応が可能ということで、来年度、入園事務の中でそういった導入が可能かどうか、検討してまいります。 さんのへあや委員:1カ月でも1週間でも1日でも早く選考結果の通知を行っていただきたく、そういった観点からも、AIシステムによる選考の導入を早急に行っていただきますよう強く要望し、質問を終わります。 ********** ここで「保育園入園選考のAIシステム」の必要性を改めて説明します。 私は上記のように決算審査特別委員会で保育園選考におけるAIシステム導入について江東区の取り組み状況を確認しました。 その結果、既に実験は行っているが整合率の誤差がある事に為、導入を躊躇している状況がある事がわかりました。 保育課長続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

この記事をシェアする

さんのへ あやさんの最新ブログ

さんのへ あや

サンノヘ アヤ/31歳/女

月別

ホーム政党・政治家さんのへ あや (サンノヘ アヤ)2020年度予算案に「保育園入園選考のAIシステム」が入りました!

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube