選挙ドットコム

金沢 はるき ブログ

一般質問「大谷翔平選手のグローブの取り扱いについて」2024/3/11

2024/3/21

大谷翔平選手から日本全国の小学校に配布されたグローブの取り扱いについて議会にて質問しました。以下、発言内容を記述します。正確な文字おこしは後日市議会の会議録に掲載されます。

 

 

動画はこちらからご覧いただけます。春日井市議会 2024年3月11日 午後 (youtube.com)私の出番は22:35頃からです。

 

【質問者:金沢はるき】

 議長のお許しを頂きましたので通告に従い、「大谷翔平選手のグローブの取り扱いについて」を議題とし、質問いたします。

 日本を飛び越え、世界で活躍をみせている、MLBロサンゼルスドジャース所属の大谷翔平選手。Two-way player、二刀流としての地位を確立し、常に結果を出し続ける、まさに日本が誇るプロ野球選手であります。齢29にして、重ねてきた年月は私とさほど変わりはありませんが、何事も遠く及ばない存在であり、最近では、飼い犬のデコピンやご結婚の話題など、公私含め、一挙手一投足が取り上げられる、まさに今を輝く人であります。そんな大谷翔平選手から、日本全国約2万の小学校に3つずつ、合計約6万の大谷グローブが配られています。子どもたちの夢と希望がつまったこの大谷グローブの取り扱いについて、一般質問いたします。

 大分県別府市において、グローブを子どもたちに使わせる前に、市役所1階のロビーでの展示用に飾ったことが、大きな批判の的となり話題になりました。このグローブと共に送られている大谷翔平選手のメッセージカードにはこのように書かれています。「このグローブを学校でお互いに共有し、野球を楽しんでもらうために、私からのこの個人的なメッセージを学校の生徒たちに伝えていただければ幸いです。」そして最後に「野球しようぜ。」と書かれてあります。まさに大谷選手の思いは、このグローブをみんなに使ってもらい、みんなで野球をしてほしい、との純粋な思いであると推察できます。仮にこのグローブを展示のみに供し、子どもたちに使用をさせないという判断は、様々な話し合いがあって、かつ教育現場の自主自立性を尊重したとしても、子どもの意見を取り入れていない、まさに本末転倒と言わざるを得ません。

 春日井市内の小学校にも、グローブが届いていると聞いています。私なりに、市内一部の小学校へ聞き取ったところによると、自由に使わせているケースや、厳重な管理の下で希望者に使わせているというケース、また、これは使用方法についての検討段階の一案であったということですが、本物のグローブは学校に展示し代わりのグローブを別で購入し使わせる、という話も耳にしました。子どもに自由に使ってもらうべきグローブでありますので、その取扱い方法については、是非とも子ども目線のルールを求めたいところであります。

夢と希望のつまったグローブを是非子どもたちに使わせてあげてほしい。これは、私が申し上げていることだけではなくして、大谷選手の願いであるはずであります。我が自由クラブの会派の先生からも、グローブが擦り切れるくらい使ってもらいたいよね、という意見や、他の会派の先生も、使わせてあげないと意味ないよね、との意見も聞いています。

 まずは今、市内の小学校に届いた大谷選手のグローブの取り扱いの現状について、どのような状況でしょうか。壇上からの質問といたします。

 

【回答者:教育部長】

 大谷選手より寄贈されたグローブは、当初、全児童が見たり触ったりする機会とするために全クラスへ巡回させておりました。現在は、全小学校で、体育、学級活動、クラブ活動などで使用しているほか、学年・学級ごとに使用できる日を決め、昼放課などに使用しています。

 

【質問者:金沢はるき】

 ご回答ありがとうございます。まずは安心しました。現場の声を聞きますと、さらにこのような話もありました。グローブを使いまわすと、感染症の影響が心配。誰がどういうルールの下で使うのかの仕組みづくりに苦慮している。紛失等した後メルカリ等での転売されるケースが心配。というものです。私は、このようなグローブの取り扱い方法について、例えば生徒会等、子どもたちに任せてみるのも良いのではと感じます。誰がどういう方法でどこで何分使うのか。どう管理するのか。公平性や思いやる心、そしてまさに児童生徒の主体的な取り組みに任せ、自主性を育てる良い機会ではないかと思います。ただ、私がこのように発言をしましても、こう取り扱ってください、という指示をする立場でもありませんし、市が各学校にこうせよと強く言う類の話ではなく、やはり学校の裁量の範囲内であろうかと思いますが、児童生徒の自主性を育てる一つの機会と捉えれば、市から大まかな提案、例えば、出来るだけ大谷選手の主旨にあった取り扱いを今後ともしてはいかがか、というようなことを各小学校に伝えるという事は可能と考えますが、ご所見を伺います。

 

【回答者:教育部長】

 グローブを自由に貸し出ししたり、貸出簿で管理したりと学校規模によって対応は様々ですが、多くの子どもたちが実際に使用できるよう各小学校で工夫しています。市教育委員会としましても、子どもたちに、「もっと野球に親しんでほしい」という大谷選手の想いがしっかり伝わるよう、グローブの取り扱いについて、各小学校に促してまいります。

 

【質問者:金沢はるき】

 ご回答ありがとうございます。夢と希望のつまった大谷グローブです。子どもたちの笑顔が浮かんできます。子どもの意見を聞く、子ども目線で考えるということも重要と思います。IT化やカリキュラムの変更、家庭環境の変化に伴う放課後の居場所の変化、教育現場での働き方改革や地域との関係性など、学校現場を取り巻く状況は常に変化の途中にあるわけでありますが、子どもたちのことを第一に考え、さらに笑顔の絶えない学校づくり、地域づくりに邁進されることを期待し、質問を終わります。

この記事をシェアする

著者

金沢 はるき

金沢 はるき

選挙 春日井市議会議員選挙 (2023/04/23) [当選] 3,192 票
選挙区

春日井市議会議員選挙

肩書 NPO法人春陽(はるはる)理事(無料塾)
党派・会派 自由民主党
その他

金沢 はるきさんの最新ブログ

金沢 はるき

カナザワ ハルキ/31歳/男

金沢 はるき

金沢 はるき トップページへ

寄付して応援する

「金沢 はるき」をご支援いただける方は、是非個人献金をお願い申し上げます。
※選挙ドットコム会員登録(無料)が必要です。

月別

ホーム政党・政治家金沢 はるき (カナザワ ハルキ)一般質問「大谷翔平選手のグローブの取り扱いについて」2024/3/11

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twittericon_twitter_whiteicon_youtube