選挙ドットコム

中村 和弘 ブログ

TikTokの使用について

2020/3/30

多くの方にご心配を頂いておりますTikTokの件についての中村かずひろの見解を申し上げます。
 
このご説明は党の公式見解ではなく中村かずひろ個人の見解であるという事を予めご了承下さい。
 
TikTokを使用する事に関して多くの方よりご心配を頂いておりますように、我々もTikTokを使用する事に関して重大なる懸念がある事は重々承知致しております。
 
しかし現状を鑑みますと日本第一党は他のメジャーなSNSよりも相当なレベルで妨害を受けており懸念という点ではこれも多大なものです。
 
また、米軍でTikTok(ティックトック)の削除を軍関係者に推奨し始め、一部の軍施設では軍装備品のデバイス上で同アプリを禁止またはブロックしているという事は事実ですが、この点につきましては国家機密、安全保障に係る事ですので当然、禁止をされるべきで日本も禁止をすべきことと思います。もちろん日本第一党にとりましても他に選択があるのならば好ましい推奨ツールでない事は承知致しております。
 
但し、米軍で削除を軍関係者に推奨又は禁止をされているのはTikTokに限らずTwitterやFBにも使用するディバイスに制限がある他、ポケモンGo、米製フィットネスアプリのストラバなども位置情報補足の関係などから軍関係者に推奨又は禁止されている事も事実である事を付け加えておきます。
 
日本第一党の場合に懸念される情報漏洩は主に個人情報という事になりますが、これは情報の漏洩を防ぐために全てインターネットとのアクセスの一切ないコンピューターでの管理と発表をされているので問題はございません。それ以外の中共批判などの情報につきましては膨大な情報より中共当局が気が付く事があったならば、それはそれでありがたい事です。
 
実はこのTicTokには日本第一党が投稿を始める以前より日本第一党及び桜井誠党首に関する投稿がございました。これは10~20代の方々が日本第一党及び桜井誠党首を応援拡散しようと始まったものです。そこで、せっかく日本の未来を担う若者たちが日本第一党・桜井誠党首との出会いをきっかけに政治に興味を持ち頑張ってくれっているのに党として、それを忌避し行わないというものは如何なものかと、リスクを計った結果、多くのリスクを抱えながらも情報の拡散をとTicTokの使用に踏み切りました。
 
現在の武漢肺炎による街頭演説会の自粛、マスコミはマスコミとしての機能を果たせず、また有名SNSでさえ思想に大きな偏りがある現状の中で、日本第一党・桜井誠を周知拡散をしてゆく為のオプションは殆どないという状況です。
 
国内で流行をしているSNSにほぼ国産のものがなくなり、その他のSNSには、どれも大きな問題がございます。そして、これらを真に解決をしてゆくためには純国産で言論の自由を尊重するSNS企業等が生まれてくる事が必要と考えます。
 
日本第一党は日本第一主義を掲げ日本人の利益を守る政治団体です。
 
日本が日本であり続け、日本人が日本人であり続けるために、日本の未来を担う子供たちの目が輝き続けるために日本第一党は前進し続けます。
 
今後とも日本第一党をよろしくお願い致します。
 
日本第一党
中村 かずひろ
 

 

 

この記事をシェアする

著者

中村 和弘

中村 和弘

選挙 相模原市議会議員選挙 (2019/03/29) 1,162 票
選挙区

相模原市南区

肩書・その他 日本第一党神奈川県本部・本部長
党派・会派 日本第一党

中村 和弘さんの最新ブログ

中村 和弘

ナカムラ カズヒロ/53歳/男

月別

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube