選挙ドットコム

大森 大 ブログ

地域によって候補者に対する質問が若干違っている!!

2019/5/28

今回の統一地方選に様々な選挙区で出馬した人達と話をしていて、なかなか面白いなと思うことがありました。

 

多くのことはどの選挙区でも共通しているのですが、選挙区によって違いがあることもあるのです。

 

その一つが有権者が候補者にする質問の内容です。

 

駅などに立っているとたまに有権者の方から質問をされることがあります。

 

大多数の方は通り過ぎていくだけなので、少しでも興味をもってもらうのは候補者として嬉しいのですが・・

 

その質問の内容に違いがあるのです。

 

共通して聞かれることとしては・・

 

『どこの政党なのか?』

『政策は何を実行したいのか?』

 

というのがあります。

私もそうでしたし、これは当然のことだと思います。

 

そして、市議会とか区議会などの地方政治には直接関係ないことですが・・

 

『憲法改正には賛成か?』

 

というのも多く聞かれます。

 

まあ、これも政治に興味にある方には関心事で、憲法改正について同じ意見の候補者に入れたいという思いを持たれる方もいらっしゃるのでしょう?

 

そして、市長選が同時に行われている選挙区では、

 

『〇〇市長を支持するか?』

『どっちの候補者を支持する?』

 

というのも聞かれます。

これは二元代表制の議会では、有権者が関心を持たれるのは当たり前のことだと思います。

その候補者の当選後の立ち位置というものがわかりますから・・

(ただ私は二元代表制においては、議員というのは首長の行政運営を監視するのが仕事ですから、首長のイエスマンのような人が当選しても全く意味はないと思っています。でも、そういう議員(与党議員と言われる人)は圧倒的に多いのですけどね・・あれでは二元代表制の意味は全くありません。)

 

三鷹市も激しい市長選が展開されていましたので、おそらく私が質問されたことも一位は・・

 

『清原さんと川村さんどっちを支持する?』

 

だったと思います。

 

そして、選挙区ごとでバラバラなのが、地域で注目されている課題を聞かれるケースです。

 

三鷹市では・・『新市庁舎建て替えに賛成か? 反対か?』というのは多く聞かれました。(私も途中から政策に織り込みましたし・・)

 

これは当たり前で、選挙区ごとに注目されていることは違うので、どちらかと言えばそういうことを多く聞かれる傾向にあります。

 

しかし!!

 

いろんな候補者と話をしていて、ひとつだけオーソドックスな質問にも関わらず、選挙区によって大きく分かれるものがあることに気づいたのです!!

 

それは・・

 

学歴に対する質問です!!

 

実は学歴を問われる時に二通りに分かれるのです。

 

それが・・

 

『どこ小出身なんですか?』(どこの小学校を卒業しているのか?)

 

 

『どこ大出身なんですか?』(最終学歴はなんですか?)

 

というものです。

 

全ての候補者に聞いたわけじゃないので、候補者によって違うのか選挙区によって違いがあるか完全に判断は出来ないのですが、これが見事に分かれるのです。 

 

閣僚人事などが発表された時の新聞を思い出してもらうとわかると思いますが・・

あの時に掲載されるのは、顔写真・名前・年齢ともう一つが出身大学(最終学歴)になります。これは履歴書にも記載することですから、その人を判断する上では結構問われることなんだと思います。

 

しかし、どこの小学校を出たのか? というのは社会人になってから聞かれるケースってほとんどないですよね? 実際履歴書にも記載することはありませんから・・

 

しかし、選挙に出ると聞かれることが多いのです。

 

これはなぜかと言えば、これを聞く人は候補者はその選挙区出身だと思っているということです。

三鷹の場合だと三鷹市出身であると思っているということです。なので、三鷹市の中でもどの地域の出身なのかを確認するために聞いているわけです。しかも、共通の知り合いなどを見つけられれば、こどもの頃にその候補者はどんな人物だったかを調べられるわけですから人となりというものがわかるでしょう? なので確認をされているのだと思います。

 

この質問をされる方は生まれも育ちもその地域の有権者か? もしくはその地域で子どもを生んで育て上げた長年住んでられるシニア世代の方ということです。

 

他所から来たばかりの人は出身小学校なんて聞いても意味ないですからね・・

 

 言うなれば、生まれも育ちもその地域の方が多い選挙区の候補者は小学校を聞かれ、そうでない選挙区の候補者は最終学歴を聞かれるケースが多いということです。

 

別にこれはどちらがいいという話ではありません。

 

 現代社会において大学がどこかはそれほど意味がないかもしれませんし・・生まれも育ちもその地域の人の方が地域のことを理解してよく考えてくれると思うのは、1つの価値観として当然のことだと思いますからね。

 

ちなみに三鷹市では圧倒的に『どこ小出身なのか?』を聞かれました。

大学を聞かれた方は2・3人です。

 

三鷹市は子どもの頃から住んでいらっしゃる有権者の方が多いんでしょうね。

 

元々、三鷹市の選挙は地縁以上に血縁が重要だと言われていたそうであります。

 

確かに三鷹市議だけではく選出されてきた都議の方は同じ地主一族の方が見受けられますし、世襲議員も見られます。

 

やはり、生まれも育ちも三鷹市ではなく、子育てもしていない独身の私が1104票もいただいたのは奇跡に近かったんだなと思います。

 

本当にありがとうございました。

この記事をシェアする

大森 大さんの最新ブログ

大森 大

オオモリ ダイ/44歳/男

月別

ホーム政党・政治家大森 大 (オオモリ ダイ)地域によって候補者に対する質問が若干違っている!!

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube