選挙ドットコム

藤永 忠 ブログ

自分が落選を経験したから、思うこと。

2019/7/22

自分が落選を経験したから、思うこと

・・・なのかもしれませんが。

 

今回の参議院選挙では、多くの「当事者」の方が

立憲民主党から立候補され、

残念ながら、落選されました。
 

聴覚障害の当事者の方であったり、

保育の現場を良く知っている、元芸能人の方であったり、

セクハラ被害の当事者としての闘いの中から

労災認定基準を国に変えさせた方であったり。。。

 

立憲民主党の「多様性」を体現する、

素晴らしい候補者の皆さんだったと思います。

 

みんな、当選していただきたい方々でした。

 

 

選挙の前の「政治活動」の期間、
実際の選挙戦の期間、

本当に、いろいろなことがあります。

そして敗戦・・・となると、
本当に心が傷ついているものです。

 

私も、そうでしたから。

 

 

選挙直後の大変なときこそ、

周囲の方々で、

候補者だった方を

サポートしていただけたらと思います。

 

増山麗奈さんがFacebookで、ご自身の体験をもとに

こう書いておられました。

「心が傷ついているんですよね、落選した候補者は。

 そこでちゃんと手を差し伸べて、

 育ててあげること大切です。」
増山さんがおっしゃる通りだと思います。

 

 

選挙に出るって、

いろいろなものを投げうって、出るわけです。

そして落選・・・ですから。

 

落選を経験した者にしか、

見えない景色があると思います。

 

 

そして一定期間、心身を休めて、

また再度、政治の場での挑戦を決めた方には

党や周囲の皆さんで

再挑戦の場とバックアップ体制を整えていただけたら・・・と。

 

今回、挑戦していただいた候補者の皆さんも

立憲民主党にとって、大切な財産ではないかと思います。

 

 

私も、
4月の統一地方選の落選を経験したあと、

いろいろな方に支えていただきました。

・・・いや、過去形ではなく、まだ現在進行形ですね。
本当に、支えていただいています。

 

 

 

そして、党派を超えて、
すべての候補者だった皆さんに、リスペクト。

本当に、お疲れさまでした!

 

 

 

 

石川大我さんを支える選挙運動のなかで
このタイガーたちが、癒しでした (^^)/

この記事をシェアする

藤永 忠さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家藤永 忠 (フジナガ タダシ)自分が落選を経験したから、思うこと。

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube