選挙ドットコム

海住 さつき ブログ

GIGAスクール構想で、小中学校はどう変わる? 一人一台タブレットはドラえもんのどこでもドア

2020/10/23

こんにちは。令和元年松阪市長候補、海住さつきです。

GIGAスクール構想が本格的に始動、

全国の小中学校で一人一台タブレットが続々配布されています。

 

三重県松阪市では、

令和3年1月より、一人一台が実現、

あと二ヶ月後には、子どもたちが全員、タブレットを持つのかと思うと感慨深い。

まさに、歴史の転換期に立ち会っている感じ。

 

文科省のHPを見ると、

GIGAスクール構想に期待しかないキラキラした動画がいっぱい出て来て、

すごい力の入れよう。

多分、こんなに学校のハード面の整備に予算がつくこと自体、

一種のお祭り騒ぎになるんだろうなあと思う。

 

肝心のタブレットですが、

一台4万五千円が上限だそうで、

たくさんの業者さんが4万五千円端末を準備していらっしゃって圧巻。

そのうち、

学校納入モデルが市場にも出回るんだろうか。

何しろ、一人一台ですから、

ものすごい市場が形成されたわけで、

官製の特需です。

 

学校現場はいろいろと大変だと思う。

タブレットですから、

Wi-Fiに繋がなければならないし、

子どもは雑に扱うから、

壊したり、いろいろと調子が悪くなることは必至、

一台、Wi-Fiに繋がらない端末が出たら、

その子の対応に一時間の授業を全部使うこともきっとあるだろう。

 

電子黒板と連携したり、

先生のPCと繋ぐ事もあるから(というか、そうしないと一人一台タブレットの強みが出ない)、

不具合はいっぱい出るだろう。

 

自宅のPCをプリンターに繋ぐだけのことで四苦八苦する現状を考えると、

いきなりICT化の波に飲まれた先生方のご苦労はいかほどか。

 

そんな大人のICT騒ぎをよそに、

子どもたちは柔軟に対応して行くんだろうなあ。

なんといっても放課後の時間を全てゲームに捧げている強者たちですから、

45,000円の端末が悲鳴を上げないことを祈ります。

 

どうかどうか、

「タブレットの使い方」を頑なに決め、

「先生の指示通りに使う」

「教室から持ち出し厳禁」

みたいな縛りで、タブレットを「置き物」にしないでほしい。

 

これは、

デジタルで世界と繋がる魔法の機械、

ドラえもんのどこでもドアみたいなものだから。

 

動画ご覧ください。https://youtu.be/igeixxnuicQ

この記事をシェアする

著者

海住 さつき

海住 さつき

選挙 松阪市長選挙 (2019/09/01) 15,049 票
選挙区

松阪市

肩書・その他 アート英語学苑代表取締役社長
党派・会派 無所属

海住 さつきさんの最新ブログ

ホーム政党・政治家海住 さつき (カイジュウ サツキ)GIGAスクール構想で、小中学校はどう変わる? 一人一台タブレットはドラえもんのどこでもドア

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube