選挙ドットコム

海住 さつき ブログ

地域経済活性化かコロナ感染症対策か? #GO TO トラベル が地方にもたらすもの

2020/7/17

こんにちは。令和元年松阪市長候補、海住さつきです。

コロナ感染症が広がる中、

#Go To トラベル 開始の日が近づいてきました。

 

旅行をすれば、お金がもらえるよ!ということで、

国内旅行を対象に、

宿泊旅行は一人一泊あたり2万円、

日帰り旅行は1万円を上限に支援。

 

東京←→大阪の新幹線代が出るくらいの大盤振る舞い。

 

観光県、三重県では、

さらにそれに上乗せして、

#みえ旅プレミアム商品券 がスタート。

「三重県民」を対象にした県内宿泊割引で、

宿泊代が一人一泊最大15,000円支援されます。

(みえ旅プレミアムはこちら→https://www.kankomie.or.jp/report/detail_651.html

 

が、しかし、

東京を中心に、

第二波がやってきたため、

国も県も、

当初の予定よりも時期を遅らせたり、

支援の条件を厳しくしたりして、

経済活性化と感染症対策の両立を図ろうとしている模様(2020/7/17現在)。

 

さて、そんな中、

観光地としての知名度もある松阪市は、

 

#Go To 松阪キャンペーン をスタート。

 

その名も「きてきて松阪 観光キャンペーン」。

 

松阪市を訪れた人に抽選クジを配り、

市の特産品、総額1000万円分(1万人を想定)というもの。

 

令和2年度6月補正予算に、

13,964,000円が計上されています。

 

期間は、令和2年10月1日~11月30日(予定)。

 

ただ、市内の観光施設などを訪れた人にランダムに配るんだそうで、

市民なのか、市外からの観光客なのかは、

厳密にいうとわからない。

だから、ピンポイントで外から来るお客様にメリットがあるかというと、

かなり微妙。

 

お土産品の交換は、

観光交流センター。

そこで、お土産として売っている商品が景品として当たるようです。

予算1000万円だし、

あまり手間もかからず、

成果のほどもわかりにくいわりに、

失敗もないという、

実に微妙なキャンペーンに思える。

 

松阪市は、平成30年度、

266万人の観光客がおとずれています。

市の人口は16万人なので、

観光は大切。

 

三重県の調べでは、

令和元年、県全体の観光消費額は、5,564億円。

宿泊客の平均利用総額は、約26,000円。

日帰り客は、約5,400円。

そんなデータを見ると、

国のGO TO キャンペーンと、

県のみえ旅プレミアム商品券で支援される額を合わせると、

旅がほぼタダになるレベル。

成功すればよかったんだろうけど、

三重県でもコロナ感染症の患者さんが出たし、

どんどん来てくださいとはなかなか言えない状況。

 

地域活性化か?

コロナ感染症対策か?

 

苦しい選択です。

 

動画はこちら→https://youtu.be/PbfWBtGSyyQ

 

みえ旅プレミアム商品券についてはこちら→みえ旅プレミアム商品券

国のGo To トラベル事業はこちら→GO TO トラベル

この記事をシェアする

著者

海住 さつき

海住 さつき

選挙 松阪市長選挙 (2019/09/01) 15,049 票
選挙区

松阪市

肩書・その他 アート英語学苑代表取締役社長
党派・会派 無所属

海住 さつきさんの最新ブログ

ホーム政党・政治家海住 さつき (カイジュウ サツキ)地域経済活性化かコロナ感染症対策か? #GO TO トラベル が地方にもたらすもの

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube