選挙ドットコム

高橋 慎吾 ブログ

【練馬区】ふるさと納税による練馬区の減収 練馬区議会議員 たかはし慎吾

2020/11/15

こんにちは、練馬区議会議員たかはし慎吾です。

 

ふるさと納税による減収が止まりません。

現在は年20億円以上減収が続いております。

 

来年度以降、新型コロナウイルス感染症を受けて、大幅な減収が見込まれると思われます。

ふるさと納税によって失われた練馬区の住民税は年々拡大しており、この状態が続けば区の財政運営に支障をきたしかねない深刻な状況です。

今一度、ふるさと納税について考えてみませんか。

 

ふるさと納税でなぜ税収が減るの?

 ふるさと納税は、国が地方の活性化のために作った制度です。「ふるさと」の自治体に寄付をすると、そのほぼ全額が、現在住んでいる自治体に納めるべき住民税などから差し引かれ、支払わなくて済む仕組みになっています。
 その結果、居住する自治体の住民税が大きく失われる事態になっています。

                                                                                         ふるさと納税によって失われた区の住民税の額
平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度  令和2年度 ※
6.7億円 12.5億円 16.5億円 22.0億円 23.6億円

※令和2年度は見込み額

住民税は、区民の皆さまにサービスを提供するための貴重な財源です

区は、区民の皆さまが納める住民税などを元に、小中学校・保育園の運営、ごみの収集、道路・公園の整備など、さまざまな公共サービスを提供しています。サービスの提供に必要な財源が他の自治体へ贈られてしまう現在のふるさと納税の仕組みが続けば、今後の公共サービスの提供に影響を及ぼす可能性があります。
国は返礼品や返礼割合の厳格化などの見直しを行いましたが、寄付額が住民税から控除される仕組みは変わっていません。
地方の活性化は、国の責任で行うべき施策であり、寄付額は全額、国税から控除すべきです。区は、国に対し、引き続き強く制度の見直しを求めていきます。

この記事をシェアする

著者

高橋 慎吾

高橋 慎吾

選挙 練馬区議会議員選挙 (2019/04/14) [当選] 2,808 票
選挙区

練馬区議会議員選挙

肩書・その他 都市整備委員会委員・総合災害等特別委員会委員長・消防団運営委員会委員・土地開発公社評議員・自由民主党練馬総支部事務局次長・練馬区議会自民党副幹事長
党派・会派 自由民主党

高橋 慎吾さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家高橋 慎吾 (タカハシ シンゴ)【練馬区】ふるさと納税による練馬区の減収 練馬区議会議員 たかはし慎吾

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube