選挙ドットコム

高橋 慎吾 ブログ

世界都市農業サミットin練馬 閉幕

2019/12/2

東京都練馬区が主催する世界都市農業サミットが12月1日閉幕しました。

11月29日より同区で始まり、参加する5カ国(米国・ニューヨーク、英国・ロンドン、カナダ・トロント、韓国・ソウル、インドネシア・ジャカルタ)の都市の行政関係者や専門家らが区内の農業体験農園や観光農園、直売所を視察、練馬文化センター・ココネリを会場として、各分科会、シンポジウムが開催されました。

都市農業の魅力と可能性を学び合い、発展の場となるよう、各国がそれぞれの発表し、各国の取組やこれからの都市農業の可能性について様々な議論をさせていただきました。

時間が少なく、もう少し色々聞きたかったのも本音のところです。

参加都市の紹介はこちらから 練馬区ホームページ・参加都市の紹介

 

 30日と12月1日に国際会議を開き、「世界都市農業サミット宣言」を宣言し、盛会のうちに閉幕となりました。

この、世界都市農業サミットに併せて、各イベントも行われました。

「みんなde農コンテスト企画実施部門」の受賞3企画の表彰も行われ、大賞は「開進第二中学校 農部」が受賞されました。おめでとうございます!

地元の先輩であり、世界都市農業サミット実行委員会委員、江戸東京野菜を生産している渡戸秀行先輩が総評されており、的確な総評で回りの方も頷いて聞いておりました。

世界都市農業サミット実行委員会の皆様はこのサミットに向けて4年も前から準備をされてきました。

この都市農業にかける想いが伝わってきた素晴らしいサミットとなりました。

関係者の皆様、大変お疲れ様でした。

 

また、「ねりマルシェ」・「ねりまワールドフェスティバル」も行われ、早々に練馬産野菜を使った料理なども完売、練馬区で行っているスムージーの提供なども好評でした。

各ワークショップや雑貨の販売、太鼓の演奏や様々な事業を通して、練馬の「都市農業の魅力」が更に素晴らしいものになるように持続可能な事業として成り立つよう、世界の中で稀有な都市にある農の保全に向けて精一杯努力していかなくてはならないと改めて実感した3日間でした。

この記事をシェアする

高橋 慎吾さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家高橋 慎吾 (タカハシ シンゴ)世界都市農業サミットin練馬 閉幕

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube