選挙ドットコム

長谷川 豊 ブログ

少子高齢化社会が進行する中で人口減少になる本当の恐怖

2019/2/14

何度も繰り返します。
少子高齢化社会が進行し続けている中で、人口減少が起こるのは最低で最悪の状況です。

要は日本がこれから迎える未来の姿です。

一番の恐怖は「ベクトルが下に向く」こと。そして「なんとなく笑顔と活気が減る」こと。

少子高齢化社会や人口減少社会について四の五のと言っている人たちは、もうちょと人間の脳科学の本などをちゃんと読んでほしいのです。人間って、理論上通りなんて生きられないんです。なので、大枠のシステムをもうちょっと是正しなきゃいけなくなっているんです。

◆「人口減少だけれど経済も縮小するから給与は減らない」というトンデモ理論

繰り返します。
人口減少社会は経済が縮小します。
1億人の人間が8000万人になれば、2000万人分の「消費」が失われます。
2000万人分の食糧が売れません。
2000万人分のテレビは売れません。
2000万人分のスマホは売れません。
資本主義社会には「売る側」と「買う側」が存在します。
買う側の人間が減るのです。
「その分、いい性能のものを高い値段で売ればいいんですよ~」
んな努力、すでに誰でもやってます。
どの企業もやってます。
やった上で、全力で努力したうえでこうなんです。
論外な能天気理論です。

人口が減れば、消費は減り、つまり「売る側」の収入が減ります。
絶対に売る側は苦しくなります
年々売り上げは落ちます。
そして給料も減らすしかなくなります。
すると、信じられないご意見が来るんです。
「人口が減って企業の収入が減っても、労働者の人口も減りますので、必ずしも労働者1人あたりの給料が減るとは限らないですよ~」

どういう計算式をされてるのか知りませんが、まさか…

・テレビを200台売ってた会社が100台しか売れませんでした
・でも人口減少で人口が半分になりました
・なので、労働者も200人から100人に減りました
→良かった、良かった、売り上げは半分ですが、これで社員の給与も変わらないですね~~

本気でそう思ってんなら病院に行ってください。
説明するのも面倒ですが頑張って無理やり説明します。

会社の経費は?
人件費だけじゃないんですけど。
引っ越すんですか?
家賃半分の場所に。
引っ越し代は?
そこでの新しいシステム開発費は?

計算しやすいように例えます。
Aという会社が今までテレビを1台1万円で200台売ってましたよ、と。
売り上げ200万円でしたよ、と。
社員が100人いましたよ、と。
計算しやすいようにお給料が1万円とでもしましょう。
なので人件費100万円。
残りは諸経費。
会社の場所代や光熱水費。営業費用に、ほんのわずかな内部留保。

これがテレビが100台しか売れなくなりましたよ、と。
売り上げ100万円ですよ、と。
何度も言ってますが、みんなとっくに努力してんです。
いきなり2万円のテレビにすればいいやなんて無理です。出来るならみんなそうしてるわ。やってから言ってくれ。無理です。
人口が減るので、労働者が50人になりました、と。
なるほど人件費50万ですよ、と。

もうわかったと思いますが、残りの50万で会社を維持するんですか?
会社の場所代も引っ越して半分にする気ですか?
引っ越し代どこから出すの?
光熱水費が突然半分になるんですか?
じゃあ、社内の蛍光灯も半分ですね。ずいぶん暗い社内だ。目ぇ悪くなるわ。
LEDに変えますか。
その経費どうすんの?
営業はみんな経費が半分しか降りなくなるんですね。
今まで、キャバクラに連れてって、営業をかけて、それでとってきた仕事をこれからはサイゼリアで営業やりますか。それで今まで通りの仕事がとってこられるんですね?
っていうか、広報や宣伝、どうします?
半分の広報にしますか。
それで今まで通りの売り上げが維持できるんですかね?

もうね…ちょっと常識が欠けているというか、実際に労働したことないんじゃないですか?以外の感想が出てこないです。
一度くらい会社経営をされてからご意見を述べられた方がいいと思います。
学者さんって自称する人たちって、割とみんなそうなんですけれど、実際に人間対人間で動いていない人が多いので、口先で変なこと言い始めるんですけれど、当たり前のこと言いますね。

人口が減ったら全部厳しくなります。
社会保障費もどんどん上がり、他の国の物価はどんどん上がってる中で、本気で人口減少でいいと思ってんですか?

特に厳しいのは、次の点です。

◆町から「笑顔が消えていく」という恐怖

人間の脳は「楽しいこと」を求めるように設計されています。これらは脳内の分泌ホルモンなどを長年研究してきた脳科学の分野で完全に証明されています。
安心や幸福感を感じさせるセロトニン。
興奮や快楽をつかさどるドーパミン。
人間なんて物質的に、もうかなりの部分が説明できるようになっているんです。
怠けられるところがあれば怠ける。
逃げられる部分があれば逃げる。
個人差はあっても、全体的には人間は総設計されていなす。
これらの脳の働きが、
「理論上は正しそうな」「共産主義」や「社会主義」国が世界のすべてで失敗している原因です。
理想的なことを言っているのに。
とっても素敵理論なのに。
世界中で完璧に失敗しているのは人間の脳がそう作られているからです。
それも勉強すらせずに、きれいごとを言い続けているのが社会主義者と共産主義者です。

話がそれましたが、そんな人間にとって「ベクトルが下を向く」という恐怖をみんな、侮りすぎているんです。

A君がいたとして。
1回目のテストで96点。
2回目で92点。
3回目で85点。
4回目のテストで80点だったとしましょう。

B君。
最初のテストは43点。
2回目のテストは50点。
3回目のテストはなんと60点。
4回目のテストで68点。

ちなみに、このテストの平均点は70点だったと仮定しましょう。

Aは今の日本の姿です。
Bは今で言えばベトナムやフィリピンなどです。
フィリピンやミャンマー・ベトナムに世界中の資本が流れ込んできている所以です。

平均点が70点なんて全然関係ないんです。
A君にかかるストレス。A君の周囲の評判。A君は大変な心理状況になります。
周りも「あいつ、落ち目だよね」と評します。どんどん誰もA君を相手にしなくなるでしょう。
B君はどれだけノリノリかわかりますか?
どれだけみんなが周りに寄ってくるかわかりますか?

B君は平均以下です。
関係ないです。
ベクトルが上を向いている人間には引力が発生します。

これ、全然小さくないんです。

計算式で出ないからって、学者連中って、これをめっちゃ侮っているんです。
笑顔が消える、引力が消えるってかなりのダメージなんです。

なんだか「長谷川さんも人口減少はしょうがないと思ってると思います」みたいなコメントもありましたが、思ってるわけないだろ!!
逃げずに絶対に人口を増やさなきゃいけなんです。
ここからキレイごと言って逃げてる奴なんて、政治家辞めろ。本気で。

僕は日本の人口を絶対に増やそうと思っています。

何度も言ってる通りで、維新とは関係なく、僕個人の多子化政策はフランスのN分N乗方式の応用です。
1人目は100万
2人目は200万
3人目は1500万の現金支給。
4人目は2000万円。

子供一人生まれることによる、GDPの押し上げ効果は諸説ありますが、子供一人でおよそ2億円押し上げるという話もあります。
絶対に元の取れる出費です。
100%プラスになる珍しい出費です。国債でまったく問題ありません。

教育費は全額無償化。
塾のバウチャーもどんどん出すべきです。
日本は教育にかける予算配分がOECD加盟国で最低です。平均レベルにするだけで秒で捻出できます。来年には出来るレベルの話です。高齢出産のリスクを徹底的にメディア戦略で勉強させます。日本人、結婚時期が遅すぎです。リスクが高すぎです。
子供を欲しがる夫婦への助成は全額やります。
不妊治療は全額国費負担にすべきです。
国にとって子供が生まれることはメリットにつながります。
全額だして当然。感謝すべきです。

ここまでを増税せずにやるべきです。絶対できる。

日本を「子供を産んだ方が儲かる」システムにする
フランスのN分N乗方式を日本式に改良するんです。
年金も多子家庭には増額。
3人目以上の子供を産み育てれば、公共の交通機関はバウチャー支給。5人産めば全額無料です。
全部、他の国ですでに行われて効果が出ている施策でしかありません。
それを導入するだけです。

僕は日本の合計特殊出生率を上げることにこだわります。2.5ポイント以上にすれば、日本の経済と景気は回復基調に乗ります。これは絶対です。

日本の景気対策は多子化政策です。
それと規制緩和。
その二つだけで、かなりの景気が回復できます。

これが理解できない人人はただの勉強不足の人です。勉強してください、間違ってるのはあなたです。

この記事をシェアする

長谷川 豊さんの最新ブログ

長谷川 豊

ハセガワ ユタカ/43歳/男

月別

ホーム政党・政治家長谷川 豊 (ハセガワ ユタカ)少子高齢化社会が進行する中で人口減少になる本当の恐怖

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube