選挙ドットコム

あしだ 泰宏 ブログ

ワクチン接種が進んでいます

2021/7/18

いろいろ報道されるワクチン接種ですが、接種済み件数は着実に積み上がっております。

一昨日、市長が記者会見をしました。(下にリンクを貼ります)

その中から注目している項目をピックアップします。
(詳しい情報、正確な情報は、市長動画をご覧ください)



1. ワクチン予約時期の追加発表

新たに2つのカテゴリーが追加発表されました。

● 保育士・幼稚園・教職員・児童クラブ支援員 ➡️ 7月26日(月)から 受付開始
● 55〜64歳までの方 ➡️ 8月2日(月)から受付開始
 (基礎疾患の有無や職業を問わない一般市民)

前回までと同じく当方で再編集した一覧表を貼ります。

18.7.2021 7.24のイメージ

念のため、倉敷市の公式の図も載せます。

 

非高齢者の一般市民の接種予約日程がようやくアナウンスが始まりました。
先月55歳になった私も8月2日から予約できます。
ただし、後述の理由から、実際に打てるのは先になりそうです。


2.65歳以上の高齢者接種状況 (7/13現在システム入力済みベース✴︎)
1回目接種済み:111,196人 80.6%
2回目    :  74,944人   54.3%

市長も会見で言っている通り、倉敷市は65歳以上人口の8割が接種を希望すると想定していたので、1回目接種についてはほぼ想定した対象は終了したといえます。
これから64歳以下の一般市民です。

✴︎全国自治体はワクチン接種済み者を、国のワクチン接種記録システム (VRS: Vaccination Record System)に記録しています。数値はそのデータに基づくもので、市長によると3日くらい前までのデータが反映されるとのことです。 




3.8月以降のワクチン供給減少
8月から9月の前半まで接種ペースは一週間に約1万5千回分に減少。
これまでの過去最高だった6月後半の3万5千回に比べると約6割減。

8月の国からのワクチン供給数から計算した見通しです。
報道の通り、国による11月末までの合計の供給量の発表(11月末までに2億4千万回分が本邦入着予定➡️契約数量上は全国民相当分を買い契約済み)に変化はありませんが、職域接種の想定を超える急増や、細かな入着スケジュールの不確定さなどあり、自治体への配達予定が8月分までしか出されておりません。
量の確保を最優先し、出荷時期を明確にできないままワクチンメーカーと契約せざるを得なかったならば、一概に国を責めにくいところです。

ただし、これにより予約を受け付けても、日程はかなり先になることが予想されるます。
市長も会見で、11月末までの接種完了見通しに影響が出る可能性を示唆しております。




4.感染者増加中
感染者ゼロが続いていた倉敷市ですが、会見時点で、倉敷市で2,027例、昨日7月18日(土)時点では2,032例まで感染者が増えております。
デルタ変異種の大流行は全世界的な傾向です。アメリカでは「非ワクチン接種者の中での大流行」と言われており、接種率の低い日本ではゾッとするものです。

岡山県内でも既にデルタ株感染者はおり、第5波は不可避と考えた方が良さそうです。注意を続けなかければなりません。


👇市長会見動画です

https://youtu.be/Q6x7kRCgzwo


 

以上

この記事をシェアする

著者

あしだ 泰宏

あしだ 泰宏

選挙 倉敷市議会議員選挙 (2021/01/17) [当選] 4,443 票
選挙区

倉敷市議会議員選挙

肩書 倉敷市議会議員
党派・会派 無所属
その他

あしだ 泰宏さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家あしだ 泰宏 (アシダ ヤスヒロ)ワクチン接種が進んでいます

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube