選挙ドットコム

東郷 克己 ブログ

中主小学校旧館 60年も放置?

2020/10/5

去る3日開かれた市長選挙に向けた公開討論会(野洲市青年会議所主催)で、新人の候補予定者が「中主小学校は築後60年以上に渡って放置されてきた」旨の発言をされました。
この発言は、YouTubeで公開されており、どなたでも視聴することができます。
そのような、世界中からアクセスできる状況でこの発言、とても信じられません。

市長選を巡る立場以前に、あまりにも我が地元地区を侮辱した発言で、看過することができません。

中主小学校旧館は、昭和32年建築。その後平成2年に大規模改修工事、同10年に耐震補強工事を実施。この二つの工事は(合併前の)旧中主町による工事です。
そして野洲市発足(平成16年)後は、平成20年にトイレの大規模改修工事、同23年に空調設備設置工事を実施しています。
つまり、安全面では中主町時代に対処し、野洲市発足後は子供たちの学習環境を快適化するための工事に取り組んでいます。

以前も書きましたが、今回大規模改修工事中にあちこちから不具合個所が見つかり、改修から建て替えに変更となった結果、子供たちは2年間余分に仮設校舎で過ごすこととなったことは、非常に残念です。
一方、今回のケースで「想定外」を起こしたのは、野洲市・野洲市教育委員会ではなく、国の制度矛盾によるものです。
写真の議員・教育委員有志(希望者)による中主小旧館現地調査会で様子を確認した際、国へ制度変更を求める意見書の取りまとめを決意し、提案。結果的に市議会全会一致で、「国の制度変更を求める意見書」を採択、関係機関へ送付されています。
さらにこの意見書採択の経緯及び趣旨を武村代議士、小鑓参院議員に直接説明し、文科省に働きかけていただいたところです。

この記事をシェアする

著者

東郷 克己

東郷 克己

選挙 野洲市議会議員選挙 (2021/10/31) - 票
選挙区

野洲市議会議員選挙

肩書・その他 野洲市議会議員、野洲市議会議会改革推進特別委員会委員長
党派・会派

東郷 克己さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家東郷 克己 (トウゴウ カツミ)中主小学校旧館 60年も放置?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube