選挙ドットコム

みちばた 俊彦 ブログ

「 集住率 」から見る コンパクトシティー 化。 #河内長野市

2022/1/8

2020年の国勢調査を基に日本経済新聞社が集住率を算出したところ、10年比で向上した市区町村は3割の542にとどまることが分かった。

滋賀県、宮城県など上昇上位の自治体は、市街地の利便性を高めることなどで誘導する。限られた資源をいかに効率的に活用できるかが、地域再生のカギとなる。

 

ーー

集住は公共投資や行政サービスの集中配分を可能とすることから、人口が減少し税収も縮小していく中で、生産性を向上させる不可欠な政策とされる。住民にとっても子育てや医療などの利用環境向上に加え、商業施設などの立地も見込め、生活の質を保ちやすい。

人口集中地区に住んでいる人の割合をさす「 集住率 」。 集住率 が高まる コンパクトシティー 化によって公共投資や行政サービスの集中配分が可能になるが、自治体によって進捗は異なります。

「集住率」は市区町村ごとに「人口集中地区に住む人口」を「全人口」で割って計算する。ここで出てくる「人口集中地区」とは、総務省が5年ごとに公表する「国勢調査」で設定される地区。全国を約106万に分けた調査区ごとに人口密度を計算し①1㎢当たり4000人以上の調査区が隣り合わせで存在するの2条件を満たすと「人口集中地区」になる。人口集中地区が1つもない市町村もあり、このような場合は集住率を「0」としている。

ーー

 

PS.写真は河内長野市でございます。 日経新聞より

この記事をシェアする

著者

みちばた 俊彦

みちばた 俊彦

選挙 河内長野市議会議員選挙 (2022/04/17) - 票
選挙区

河内長野市議会議員選挙

肩書 河内長野市議会第70代副議長 都市環境経済常任委員会
党派・会派 無所属
その他

みちばた 俊彦さんの最新ブログ

みちばた 俊彦

ミチバタ トシヒコ/58歳/男

月別

ホーム政党・政治家みちばた 俊彦 (ミチバタ トシヒコ)「 集住率 」から見る コンパクトシティー 化。 #河内長野市

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube