選挙ドットコム

ほさか やすし ブログ

職域接種「接種券なくてもOK」「従業員以外も対象」と新聞に。

2021/6/12

職域接種「接種券なくてもOK」「従業員以外も対象」と新聞に。某企業はマンションの住民含め10万人単位で考えているということも。

少し心配なのが「個人が先にずるい」との批判であり、本人が罪悪感を感じること。でも、接種は個人はもとより、社会全体を守ることにつながります。

「社会全体を守るための個人の接種」でもあります。また希望する方は時間の差があっても必ず接種できますので、皆様のご理解をお願いします。

昨日の報告です。

○朝は朝霞駅からのご挨拶とレポートの配布を。1月ごとにその場所に立ちますが、夏姿ですっかり景色が変わりました。季節の移ろいも感じつつ、ご挨拶させていただきました。

○その後、国会へ。経済産業委員会に。質問をずっと聞いていました。すこし曲解だな、粗探しだろと思う質問もあり、また、核心をつき、なるほど、と思う質問もあり。

勉強をしていくとともに、これからの経済成長、技術革新の促進に向けた経済政策を提案していければと思います。

○職域接種についての相談と勉強を。上述もしましたが、人を集めれば接種の対象となり、医療機関を指定すればその医療機関に行くだけでも可となります。

1000人という壁はありますが、今後こういった制限もどうなるか。誰でもふらっとすぐ接種できる環境が理想です。その理想に近づいてきているのかなと思っています。

地域の商工会や商工会議所、NPOなどが代表になっても接種は可能です。不明な点はご連絡ください。もしくは政府の窓口にお問い合わせください。

○第三回ライトアップフォーラムに参加しました。二本立てでした。

「若者の自殺問題の現状と課題」と題して、特定非営利活動法人LightRing代表理事若者自殺対策全国ネットワーク共同代表石井綾華さんから。

自殺の相談を受けたときに日本人はどう受け答えしていいかわからない、だから相談受けて何もできずに友人が自殺をした時、一生重い責任を感じて生きていくことになる。

そういった事例が多々あります。イギリスでは義務教育でこういった相談スキルを学ぶそうです。また専門家の育成も。自殺抑制に向けて非常に勉強になりました。

続いて「児童養護施設が子どもの命を救う場所であるために」と題して、ACHA(あちゃ)プロジェクト代表山本昌子さんからご講演を。

山本さん自身が養護施設で育っており苦しい時期もありましたが、そこで一緒に過ごした里親や子ども達のつながりで「死」を選択しなかったとのこと。

自分が死んだら悲しむ人がいる、自分が死んだら関わってくれた人の仕事を否定することになる、と。でもこれは自己肯定感であったと。

このような施設はまだまだ少ないようです。1日に3交代の養護施設ではこのような自己肯定感は持てないでしょう。これも非常に勉強になりました。

若者の死で自殺が最も高い国。悲しすぎるしさみしいです。弱い立場の方々が追い込まれている現状を何とか変えるべく努めていきます。

○香川たけふみ候補、6日目の応援に。疲れてるんだろうなと思いますが、元気に気丈に活動する姿に意気込みを感じます。

市長2期8年、多くの人の元気をつくる仕事、コロナもありトップにかかる重圧は相当なものがあると思います。

3期目も課題は山積です。着実に仕事を進めてきた香川市長とともに私も微力ながら誇れる志木市を作っていければと思います。

香川たけふみ候補、ぜひよろしくお願いいたします。

本日もはりきってまいりましょう。

この記事をシェアする

著者

ほさか やすし

ほさか やすし

選挙 第49回衆議院議員選挙 (2021/10/21)
選挙区

埼玉4区 - 票

肩書 衆議院議員
党派・会派 自由民主党
その他

ほさか やすしさんの最新ブログ

ホーム政党・政治家ほさか やすし (ホサカ ヤスシ)職域接種「接種券なくてもOK」「従業員以外も対象」と新聞に。

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube