選挙ドットコム

ほさか やすし ブログ

コロナでわかったこと。

2021/4/11

コロナでわかったこと。リアルで人と会うことの楽しさ、目の動きがみれたり距離感をはかったり、当たり前のことがすごいことなんだなということを実感しました。

いままで、リアルからバーチャルをみていてVRなどいいなと思いましたが、バーチャルからリアルをみると改めてリアルの素晴らしさを感じた方も多いのでないでしょうか。

地方創生にしてもその場にいって、その地のモノを食べ、人と話すこと、こういったリアルの価値が改めて見直されることになるでしょう。そんなこと感じました。

昨日の報告です。

〇須田後援会長と公明党白井新座市議と支援者訪問。さすが、6期新座市長を務められた会長ですので反応が素晴らしい。こうならなければいけないのですね。多くの国民が苦しんでいるなかで、自民党公明党、政権与党で着実に政策を前に進めていかなければなりません。多くのお声をいただきました。

〇「堀天」さんで昼食を。コロナ前では1週間に1度、多いときは1週間に4・5回宴会がありました。ほとんどなくなってしまったため、経営状況は本当に厳しくなっています。協力金や様々なことにもご意見をいただきました。訴えてまいります。

〇鈴木よしむね新座市議と支援者周りを。地元から待望の市議会議員の先生ですので期待されているなということをすごく感じました。道路案件が注目される地域ですので鈴木議員と共に一緒に取り組んでまいります。

〇小池元市議、米橋市議、鈴木ひでいち市議と支援者周り。小池元市議はいまでも地域の自治会館のこと、道路のことなど、地元の課題に取り組んでいるのです。地域のために活動している延長で議員をしていたんだということを改めて感じました。議員はこうあるべきだなと。勉強になりました。

〇松井県議と。保育士さん、栄養士さんたちと座談会を。なんといっても人不足があります。きつい仕事ですし、コロナ対策も含めやることも多い、さらには保護者の対応も事務仕事もあります。役職に就けば人の管理も。

お給料を増やせば人がくるのか、管理基準を緩和すれば仕事が楽になるのか、こうした議論もありました。

管理基準を緩和すると人がもっと必要になる、人が必要になれば採用しなければならない、採用できないので給料を上げなければいけない。結局両方併せてやっていかなければいけないのだなと。

その他、特に支援が必要な子たちの問題、IT化の問題、無償化の問題を聞くことができました。ありがとうございました。

〇まん延防止等重点措置があった場合の協力金の質問をいくつかいただきました。今は埼玉県も21:00までの時短要請がでておりますが、措置区域の指定があった地域は20:00にまた戻しています。その場合の協力金について動画でまとめましたのでご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=GXQppq2P2uY

はりきってまいりましょう。

この記事をシェアする

著者

ほさか やすし

ほさか やすし

選挙 第49回衆議院議員選挙 (2021/10/21)
選挙区

埼玉4区 - 票

肩書 衆議院議員
党派・会派 自由民主党
その他

ほさか やすしさんの最新ブログ

ほさか やすし

ホサカ ヤスシ/47歳/男

月別

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube