選挙ドットコム

はたけやま えみこ ブログ

【浦島草(ウラシマソウ)~絶滅危惧ⅠΑ類の植物~】 陸前高田市においては、平成12(2000)...

2020/5/11

【浦島草(ウラシマソウ)~絶滅危惧ⅠΑ類の植物~】
 陸前高田市においては、平成12(2000)年に策定された「緑の基本計画」(緑地の保全や緑化の推進に関して、その将来像、目標、施策などを定める基本計画)が令和2(2020)年3月、20年ぶりに改訂されています。
 議会における私の質疑でも言及してきていますが、これまでの計画と今般の改訂内容の大きな違いは、生物多様性の確保が重視されていることです。
 陸前高田市は、豊かな自然環境を誇ってきた自治体の一つですが、それでも、近年では、様々な要因により、多様な生物が生息・生育できる空間が少なくなってきています。
 それゆえに、今後は、計画的に生物の生息・生育環境の創出、保全、再生およびネットワーク化を進めていくことが求められます。
 去年も私のInstagramとこのFacebookで紹介させて頂いたのですが、母から教わって初めて知った浦島草:ウラシマソウ<学名:Arisaema thunbergii ssp.urashima>という山野草。今年も逞しく咲いているのが確認できました。この花には真ん中から伸びているストローのようなものがあって、その姿が浦島太郎が釣り糸を垂れているように見えるのが植物の和名の由来とのこと。
 しかも、今日(5/11)初めて知ったのは、何と、この植物が絶滅危惧ⅠΑ類<ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの>に指定されている県(山口県、高知県、愛媛県)があるということです。
〔日本のレッドデータ検索システム〕
http://jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=06050246184
 まだ岩手県のレッドデータには入っていませんが、その生育地は決して多くはなく、陸前高田市においても確認できる個体数が極めて少ないとみられます。
 この植物に限らず、将来にわたって陸前高田市で生息・生育する在来種を守るための環境保全に取り組んでいくことは、「今」を生きている私たちの大きな責任であり、とても重要なことだと感じます。
 風薫る皐月、身の回りの生活環境や自然環境に目を向けて頂ければ幸甚です。

この記事をシェアする

著者

はたけやま えみこ

はたけやま えみこ

選挙 陸前高田市議会議員選挙 (2019/09/01) [当選] 510 票
選挙区

陸前高田市議会議員選挙

肩書・その他 陸前高田市議会議員/気仙地区広域連合議会議員/とうほく未来創生 幹事長
党派・会派 無所属

はたけやま えみこさんの最新ブログ

ホーム政党・政治家はたけやま えみこ (ハタケヤマ エミコ)【浦島草(ウラシマソウ)~絶滅危惧ⅠΑ類の植物~】 陸前高田市においては、平成12(2000)...

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube