選挙ドットコム

田中 とおる ブログ

選挙に出たら、候補者に戻ってくる税金について。

2019/4/13

選挙に出たら、候補者に戻ってくる税金について。

選挙にお金がかかるってよく言われます。
その中で、候補者へ税金から帰ってくるお金があるのを知ってますか?

落選しても(よほどの事が無い限り)市が税金から返してくれるお金があります。

この制度の趣旨は「お金が無くても選挙に出たい人をサポートする」という趣旨なので、制度自体は必要だと思っています。

ただ、自分で賄えるならば「できるだけ自分で賄う」のが筋だと思います。

「減税」や「経費の削減」を叫んでいる候補者がまず率先して、自分が税金からもらえるお金を「削減」する事が大切なのでは無いでしょうか?

日進市の場合
・選挙カー(運転手報酬とガソリン代込み)に対する公費負担 ⇒ 251,650円
・選挙カー(ハイヤー形式で契約した場合)⇒ 最大 451,500円
・ポスター製作に対する公費負担 ⇒ 最大 287,153円
・ビラ作製に対する公費負担 ⇒最大 30,040円

合計、最大  768,693円!!!!

全部請求したら、これだけの税金が使われるんです!!!!!!!
例えば、30人が全員、最大の請求をしたら...
なんと、23,060,790円!
半年暮らせます。。。

ところで...

僕は、できるだけお金のかからない選挙を実践しています。

なので、
・選挙カーは自分の車
・看板は手作り
・印刷物のレイアウトはすべて自分でパソコンで

出馬を決めたとき、選挙に対する予算として、一定の額を決めました。

その予算の中で賄おうと努力しています。

もし、公費から補助をして頂くとしたら、どうしても足りなかった分だけにしようと思っています。

印刷代やガソリン代などは、予算の中で抑えられています。

選挙カーの費用は、そもそも手作りの場合、請求できません。

解ったうえでの手作りです!

しかし、どうしても予算ないでは収まらない状態になっています。

結果として、運転手(プロの方です)への報酬分(87,500円)だけ請求させてください。

申し訳ありません。その分だけ、税金を使わせて下さい。

この記事をシェアする

著者

田中 とおる

田中 とおる

選挙 日進市議会議員選挙 (2019/04/14) 913 票
選挙区

日進市

肩書 俳優(元 劇団俳優座)/ 音楽家 / IT関係企業代表 / 子ども創造 造形教室(NPO海賊船)副理事長
党派・会派 無所属
その他

田中 とおるさんの最新ブログ

田中 とおる

タナカ トオル/歳/男

月別

ホーム政党・政治家田中 とおる (タナカ トオル)選挙に出たら、候補者に戻ってくる税金について。

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube