選挙ドットコム

川前 みつのり ブログ

今日3/4、13:15より、9年7ヶ月の市議会議員活動最後の市政一般質問をいたします。

2021/3/4

今日3/4、13:15より、9年7ヶ月の市議会議員活動最後の市政一般質問をいたします。ライブ中継でもご覧頂けますので、是非ご覧くださいませ。

 ↓以下、質問要旨

項 ⽬ 1 コロナ禍を乗り越える経済対策について
【産業観光部】
今年1⽉、福島県は、県内の感染状況がステージ3相当まで悪化したとし て「福島県新型コロナウイルス緊急対策期間」を定め、県⺠の不要不急の外 出の⾃粛と、酒類を提供する飲⾷店等における営業時間の短縮を要請しまし た。この期間は、当初定めた1⽉13⽇から2⽉7⽇までの期間を、「安定し て医療を提供できる状態を継続できるようになるか、しっかりと⾒極めるた め」、更に1週間延⻑して2⽉14⽇まで続きました。約⼀か⽉間に亘って、 市⺠の皆さんには、暮らしや仕事を犠牲にした多⼤なるご協⼒をいただき、 感謝しておりますし、そのお陰で、新規感染者数や病床の利⽤率もだいぶ落 ち着いてまいりました。ただ、直近では、病院でのクラスターの発⽣やワク チン接種時期の遅れなど、まだまだ予断を許さない状況にあることも確かで す。
このような状況下ではありますが、「福島県新型コロナウイルス緊急対策 期間」も終わり、夜の街にも、少しずつではありますが賑わいが戻りつつあ ります。新型コロナウイルス感染症に対する対応が本格化してからおよそ1 年が経ちましたが、その間様々な知⾒が蓄積されて、感染症対策についての 取り組みも⾏き渡り、それぞれのお店でも対策に万全を期した状態で、お客 様を迎え始めているようです。ただ、まだまだ客⾜は遠く、様々な⼈の交流 機会も失われている状況で、ご商売が再スタートしたという状況には程遠 く、廃業したり、これから廃業することを考えていたりという状況は、飲⾷ 店ばかりではなく、そこに⾷品や飲み物を提供する事業者の皆さんや農業者 の皆さんにも及んでいます。タクシーや運転代⾏等の運輸業の皆さんの状況 も深刻です。また、⼈⼿が減ることによって飲⾷業関連ばかりではなく、今 回県の⽀援対象にならなかった様々な業種にも、その影響は及んでいる状態 です。市⺠の皆さんが外出を控えている状況で客⾜が遠のき、売り上げが下 がって経費すら賄えない。そんな状況は、まだしばらく続き、当然、経費の ⽐率が⾼い家賃を払って営業しているお店などは、更に厳しい経営判断を迫 られていることでしょう。
今のコロナ禍の状況は、⾃助や共助ではどうすることも出来ない公助の果 たす役割がかなり⾼い状況だと考えております。経済県都と⾔われる郡⼭市 にとって、経済は、市⺠の皆さんの⽣活の源であるばかりではなく、都市を 発展させてきた重要な⼒であります。今後、感染症についてはしっかり対策しながら、経済再⽣に向けて徹底的に取り組む必要があると考え、以下質問 いたします。
(1) 経済対策の拡充について
郡⼭市は、令和2年度に⾏った商⼯観光に対する⽀援を、令和3年度も継 続やリニューアルによって⾏っていく⽅針のようですが、1年経って、経済 の状況はさらに悪くなるばかりです。こうした状況においては、2倍、3倍 と思い切った経済対策が必要ではないかと考えますが、如何でしょうか。
(2) 新型コロナウイルス緊急⽀援給付⾦について
① 複数⽉⽀援について
令和2年度に郡⼭市が⾏った事業継続応援給付⾦と家賃給付⾦をリニュー アルする形で新型コロナウイルス緊急⽀援給付⾦が今議会に提案されていま すが、家賃や⽔道光熱費等の固定費を⽀援の対象にするのであれば、給付額×複数⽉の⽀援をするなど、事業者の皆さんにさらに⽀援が届くように拡 ⼤すべきと考えますが如何でしょうか。
② 家賃の額による更なる拡⼤について
この事業が固定費の⽀援であるなら、実際に家賃がいくらなのかによって も⽀援が有効かどうか事業者によって差が出てくると考えます。家賃の額
が10万円を超えたり、20万円を超えたりと、額によっても2倍、3倍の給 付額の段階をつけるべきと考えますが、如何でしょうか。
③ 対象事業者の想定数について
今回の新型コロナウイルス緊急⽀援給付⾦は、前回の事業継続応援給付⾦ と家賃給付⾦を合わせた利⽤者数に対してどの程度増えるのか減るのか、具 体的な数が解ればお⽰しください。
(3)プレミアム商品券の市独⾃の発⾏など追加の経済対策について 来年度からはワクチン接種も進み、いよいよ本格的に経済再⽣を始める段 階に⼊っていくと考えますが、例えば、プレミアム商品券など、経済全体を 盛り上げていく経済対策が必要だと考えますが、如何でしょうか。

項 ⽬ 2 福島県沖地震からの復旧について
2⽉13⽇の深夜に、福島県沖で発⽣した震度6弱の強い地震は、我々を、10年前へと⼀気に引き戻しました。この地震でお亡くなりになられた⽅ の、眠りの安らかならんことをお祈りすると共に、多⼤なる被害に遭われた 皆さんへ、改めて⼼よりお⾒舞いを申し上げます。 この地震の激しい揺れで、多くの⽅々が、建物へのダメージや家の中の物 の散乱など、それぞれが⼤変な思いをされていることと存じます。 また、⽇を追うごとに、深刻なダメージを受けた建物が複数あることも分 かってきて、その中でも、清⽔台の専修学校では、校舎が使えなくなっ
て、150名の⽣徒が⾏き場を失っている状況となっています。被害の程度に より受け⽌め⽅も違うでしょうが、今回の被害に対する⽀援の必要性を実感 する毎⽇となっております。そこで伺います。
(1) 今回の地震に対する主な⽀援の開始状況について 今回の地震に対応して、既に数回災害対策本部会議が⾏われており、被災 した皆さんに対する⽀援も⾏われていることと存じます。そうした⽀援を更
に⼿厚く⾏っていくために、郡⼭市からも、激甚災害の指定を要望されたと 思いますが、それに対し国は、激甚災害の指定条件は満たしていないとしな がらも、半壊以上の建物の公費解体や⽣活再建に対する最⼤300万円の⽀ 給、住宅修理に対する最⼤595,000円の⽀給、グループ補助⾦の適⽤など⽀ 援策をとりまとめています。
そこで、本市におけるこれら⽀援策の開始状況について伺います。
① 被災家屋等の解体、撤去について
【⽣活環境部】
公費による被災家屋等の解体、撤去の申請受付の開始時期について、お聞
かせください。
② 郡⼭市被災者住宅再建制度について
【保健福祉部】
仮に、本市が被災者⽣活再建⽀援法の適⽤とならなかった場合、福島県の 補助⾦を活⽤して実施する「郡⼭市被災者住宅再建制度」に基づいて⽀援⾦ の⽀給が⾏われるものと思いますが、この制度の申請受付の開始時期について、お聞かせください。
③ 住宅の応急修理について
【建設交通部】
公費による被災家屋等の応急修理の申請受付の開始時期について、お聞かせください。

(2) 事業者への独⾃⽀援について
【産業観光部】
今回の地震は、先に述べた福島県の「福島県新型コロナウイルス緊急対策 期間」が終了しようとする、まさにお店の再スタートのタイミングで事業者 の皆さんを襲いました。皆さんそれぞれに営業時間の時間短縮などの制限が 終わり、これからだというタイミングでの今回の被害であり、それでなくて もコロナ対応で疲弊した事業者の皆さんへのダメージはいかばかりかと存じ ます。
この様なコロナ禍に重なった地震の被害である状況を鑑み、事業者の皆さ んへの市独⾃の⽀援を更に⾏っていくべきだと考えますが、如何でしょう
か。
項 ⽬ 3 飲⾷店爆発事故に関する郡⼭市の対応について
郡⼭市で、昨年7⽉に起きた飲⾷店の爆発事故によって亡くなられた⽅に は、改めてお悔やみを、また、被害を受けられた多くの皆さんには⼼よりお ⾒舞いを申し上げます。
郡⼭市は、この爆発事故への対応で⽣じた、周辺の清掃費や避難所運営費 など合わせて550万円を、爆発事故の起きた店舗を経営する事業者など6つ の法⼈に請求したとのことですが、以下何点かお聞きいたします。
(1) 市が把握している爆発の状況について 現在までで、この爆発事故の原因や発⽣時の状況などわかっている状況に ついてお聞かせください。
(2) 爆発に関する責任の所在について
今回の爆発事故の原因などが明らかになる中で、責任の所在はどのように 明らかになっているのか、お聞かせください。
(3) この爆発事故に関する被害者の賠償請求の状況について
この爆発事故で、被害に遭われた皆さんの、損害賠償請求状況についてお
聞かせください。
(4) 郡⼭市がこの爆発事故対応で⽀出した経費について
郡⼭市は、今回の請求で550万円という⾦額を上げていますが、実際に郡 ⼭市が⽀出したこの爆発事故に対応するためにかかった経費の総額と内訳を お聞かせください。
(5) 郡⼭市が損害賠償請求に⾄った経緯について 郡⼭市が、今回の損害賠償請求に⾄るまでの経緯を、お聞かせください。
(6) 市⻑の発⾔の意味について
品川市⻑は、この損害賠償に関する記者会⾒で、「⽣活再建や事業者への 賠償について、最終的な事故の責任者を明らかにする上で、やはり市が⾏動 を起こすことが重要だと考えた」と述べていますが、事故原因の特定に⾄っ ていない状況で、今回の損害賠償請求により、どのように責任者を明らかにするお考えなのか、お聞かせください。

以上

この記事をシェアする

著者

川前 みつのり

川前 みつのり

選挙 郡山市長選挙 (2021/04/11) 21,850 票
選挙区

郡山市

肩書 郡山市議会志翔会会長、 NPO法人郡山農学校理事、 門前商店会副会長、 駸々塾生、郡山市倫理法人会会員、郡山市立美術館友の会理事、 福島自主製作映像祭実行委員、柳橋歌舞伎を守る会会長、 (公社)郡山青年会議所OB、 郡山地方史研究会会員、NPO法人アトレチコ郡山代表、 日専連郡山青年会会員、 郡山市バスケットボール協会会長、 郡山交通安全協会麓山支部理事、 郡山地区少年環境浄化委員会委員、郡山駅前暴排パトロール隊員、郡山市消防団員(中央地区隊1ー1)、 自民党福島県第二選挙区支部事務局次長等
党派・会派 無所属
その他

川前 みつのりさんの最新ブログ

川前 みつのり

カワマエ ミツノリ/54歳/男

月別

ホーム政党・政治家川前 みつのり (カワマエ ミツノリ)今日3/4、13:15より、9年7ヶ月の市議会議員活動最後の市政一般質問をいたします。

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube