選挙ドットコム

川前 光徳 ブログ

国土交通省は、台風等で被災した内水排水用の雨水ポンプを復旧する際に、能力を強化して復旧する「改...

2020/9/26

国土交通省は、台風等で被災した内水排水用の雨水ポンプを復旧する際に、能力を強化して復旧する「改良復旧」を補助する制度を、来年度(令和3年度)にも新設するとのことです。

 ↓以下、時事通信のニュースより

◎雨水ポンプ場を改良復旧=災害激甚・頻発化で新制度―国交省
20/09/25 10:24 KP01

 国土交通省は2021年度にも、大雨で被災した雨水ポンプ場について、再び災害が発生した場合に備える「改良復旧」事業を補助する制度を新設する。激甚化、頻発化する災害に対応するため、効率良く施設の機能強化を図るのが狙い。同年度予算概算要求に盛り込んだ。

 昨年の台風19号では、一部の雨水ポンプ場に処理能力を超えた水が流れ込み施設が被災。地域で、雨水が側溝などからあふれて浸水する「内水氾濫」が発生した。今年の7月豪雨でも、福岡県大牟田市の三川ポンプ場が浸水し、付近では犠牲者も出た。

 被災した雨水ポンプ場については従来、元通りに直す「原形復旧」を補助する制度しかなかった。しかし、原形復旧の場合、同規模の災害が発生した際に再び被災する可能性が高いことから、国交省は改良復旧の制度創設に向け、検討を始めた。

 氾濫した河川の堤防強化や拡幅といった工事には以前から、改良復旧の制度があった。同様の制度を下水道分野でも応用する形だ。

 具体的には、被災した雨水ポンプよりも処理能力の高いものを設置したり、ポンプの数を増やしたりして、機能強化を図る。

 これに加えて、地震で破損した下水道管にも、改良復旧の制度を創設する方向。同省のガイドラインで定められている耐震化の基準を満たす復旧工事を実施できるようにする。

 国交省は今後、補助率などの詳細を詰める。その上で、21年度以降の災害から制度を適用したい考えだ。(了)

(2020年9月25日/官庁速報・電子版)

この記事をシェアする

著者

川前 光徳

川前 光徳

選挙 郡山市議会議員選挙 (2019/08/04) [当選] 2,320 票
選挙区

郡山市議会議員選挙

肩書・その他 郡山市議会志翔会会長、 NPO法人郡山農学校理事、 門前商店会副会長、 駸々塾生、 郡山市立美術館友の会理事、 福島自主製作映像祭実行委員、柳橋歌舞伎を守る会会長、 (公社)郡山青年会議所OB、 郡山地方史研究会会員、NPO法人アトレチコ郡山代表、 日専連郡山青年会会員、 県南バスケットボール協会副会長、 郡山交通安全協会麓山支部理事、 郡山地区少年環境浄化委員会委員、郡山駅前暴排パトロール隊員、郡山市消防団員(中央地区隊1ー1)、 自民党福島県第二選挙区支部青年局長等
党派・会派  

川前 光徳さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家川前 光徳 (カワマエ ミツノリ)国土交通省は、台風等で被災した内水排水用の雨水ポンプを復旧する際に、能力を強化して復旧する「改...

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube