選挙ドットコム

川前 光徳 ブログ

来年の3月から、マイナンバーカードを健康保険証にする制度がスタートしますが、その受付が始まった...

2020/8/8

来年の3月から、マイナンバーカードを健康保険証にする制度がスタートしますが、その受付が始まったとの事です。

スマートフォンで、簡単に申請することが出来ます。

 ↓以下、ケータイwatchの記事より。

「マイナンバーカードが健康保険証になることで、対応する医療機関の受付では、顔認証か暗証番号(数字4桁)で、本人確認と保険証確認が済むようになる。

 q2022年夏をめどに、医師との情報共有、電子処方箋の仕組みが整備される。これにより、過去に処方された薬、特定検診の情報が自動的に連携されるようになり、受診時、医療関係者への口頭での説明が不要になる。たとえば旅行先、災害時にも薬の情報などが連携されるという。将来的には、手術、移植、透析、医療機関名などの情報共有が実現される。

 医療費の支払いでも、一時的に高額な支払いが発生する場合、マイナンバーカードでの連携により、限度額適用認定証の申請が不要となり、医療費の一時支払いをしなくてもよくなる。

 転職などで一時的に保険証が発行されていない状態でも、マイナンバーカードで代替できる。このほか、マイナポータルで、処方された薬の情報をチェックできるようになる。またマイナポータルとe-TAXの連携で、医療費の領収書を管理しなくてもよくなるという。

スマホからの手続き方法
 マイナンバーカードは、スマートフォンのほか、「パソコン」「まちなかの証明写真機」「郵便」のいずれかで申し込める。スマートフォンは、対応機種である必要がある。マイナンバーカードをスマートフォンから申し込む方法は、本誌関連記事をぜひご覧いただきたい。手続きは手軽だが、発行まで1~2カ月かかる。

「マイナンバーカード」、スマホで申し込むその手順は

 健康保険証としての申し込みは、マイナポータルへアクセスし、「健康保険証利用の申込」→「利用を申し込む」をタップ、利用者登録に同意し、次に表示されるページで「申し込む」というボタンをタップ、マイナンバーカードをかざすだけ。わずかな手続きで済むようになっている。この手続きが完了するのは来年3月までとのことで、マイナポータルで進捗状況を確認できる。

 子供のマイナンバーカードについては、カードリーダーにマイナンバーカードをかざし、子供の暗証番号を保護者が代理で入力する。」

#つなげよう郡山

https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1270195.html

この記事をシェアする

著者

川前 光徳

川前 光徳

選挙 郡山市議会議員選挙 (2019/08/04) [当選] 2,320 票
選挙区

郡山市議会議員選挙

肩書・その他 郡山市議会志翔会会長、 NPO法人郡山農学校理事、 門前商店会副会長、 駸々塾生、 郡山市立美術館友の会理事、 福島自主製作映像祭実行委員、柳橋歌舞伎を守る会会長、 (公社)郡山青年会議所OB、 郡山地方史研究会会員、NPO法人アトレチコ郡山代表、 日専連郡山青年会会員、 県南バスケットボール協会副会長、 郡山交通安全協会麓山支部理事、 郡山地区少年環境浄化委員会委員、郡山駅前暴排パトロール隊員、郡山市消防団員(中央地区隊1ー1)、 自民党福島県第二選挙区支部青年局長等
党派・会派  

川前 光徳さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家川前 光徳 (カワマエ ミツノリ)来年の3月から、マイナンバーカードを健康保険証にする制度がスタートしますが、その受付が始まった...

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube