選挙ドットコム

おおつる 求 ブログ

三川坑CO大爆発に関する3つの集会に参加してみた。

2019/11/12

1963年11月9日、

458名が死亡し、839名がCO患者となった

三池炭鉱三川坑炭じん大爆発から56年。

 

 

「三池大災害」は歴史であり現在の問題(上)2016年12月28日

「三池大災害」は歴史であり現在の問題(下)2016年12月30日

「三池大災害」は歴史であり現在の問題(写真編)2017年01月03日

 

 

ここ数年、11月に福岡県大牟田市・熊本県荒尾市を訪れている。

 

 

半世紀以上たった現代社会にも、

同じ課題があり、

より大きくなっていると感じるから。

 

 

現地では様々な事情で3つの団体が、

それぞれ集会を開催している。

 

今回初めて3つの集会に参加した。

 

11月9日西日本新聞朝刊

 

 

 

9日午前10時から秋空の下、

有明成田山大勝寺の慰霊碑前で、

三池大災害被害者の会主催の集会。

 

 

三川坑敷地内に、慰霊碑を建てる計画が進んでいる報告があった。

 

幅4mほどの御影石に、

458名の名前と享年を刻む。

 

土地は大牟田市が無償提供。

 

建設費用約500万円は、

「クラウドファンディング」を使って、

全国の方々に寄付を募る予定。

 

来年11月までに完成を目指す。

この動きを広めていきたいと思う。

 

 

集会後、三川坑へ行き、献花。

 

 

 

 

午後は荒尾市内の会場で、

三池COと共闘の会主催の集会へ。

ボクが毎年参加している集会。

 

 

[炭掘る仲間]合唱の後、黙とう。

 

元大牟田労災病院、

現在の吉野病院労組伊藤書記長が講演。

 

13年前に厚生労働省と「CO中毒患者に関わる高次脳機能障害の中核的な医療機関設立を約束」した【確認書】の早期履行・実現へ向けての報告があった。

 

 

集会終了後、椅子を片付けていたら

「明日も使うのでそのままで」と言われ、

10日に別団体が集会をすることを知った。

 

 

そこで安宿にもう一泊することに。

 

11月10日西日本新聞朝刊

 

 

10日午前は

世界遺産になった三池炭鉱万田坑へ。

そこでコンタクトレンズを落とした。。

 

 

 

 

午後、三池CO現地共闘会議主催の集会。

昨日と同じ荒尾市内の会場へ。

 

 

そこで子どもの頃から(40年ほど)お世話になっている愛知の保田さんとお会いする。

 

 

[炭掘る仲間]合唱の後、黙とう。

メッセージ披露の後、

荒木栄の「地底のうた」が合唱された。

 

初めて本格的に聞いた。

歌詞といい迫力といい素晴らしい曲で感動。

 

 

 

 

終了後、帰路に就いた。

 

様々な事情や思想的相違によって、

3つの抗議集会が開催されている現状。

 

今回、たくさんの方とお話していて、

現地でまとまるのは難しいのかな、

と感じた。

 

一方で、

同じ方が2つ参加していることも多く、

一緒に出来たらいいのにな、

と率直に思う。

 

 

来年は三池争議から60年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事をシェアする

おおつる 求さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家おおつる 求 (オオツル モトム)三川坑CO大爆発に関する3つの集会に参加してみた。

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube