選挙ドットコム

木代 誠一郎 ブログ

【宮崎県の9月補正予算案、コロナ対策は80億円】現在県議会で上程されている県の9月補正予算案を...

2020/9/12

【宮崎県の9月補正予算案、コロナ対策は80億円】
現在県議会で上程されている県の9月補正予算案をご紹介させて頂きます。
補正額は一般会計が221億5275万円でして、補正後の一般会計総額は6930億1962万円となります。
9月補正予算案のうち、新型コロナ対策には約80億円を計上しており、大まかな内訳として、感染拡大防止策と医療体制の整備(9事業)に28.5億円、雇用維持と事業継続のための支援(3事業)に36.2億円、地域経済の再生・復興に向けた支援(1事業)に8.5億円、みやざきの成長へつなげる取組(3事業)に6.6億円という形です。
このうち主なものをピックアップ。

①県庁デジタル化・リモート化推進事業 5億7213万円
→外部とのコミュニケーションツールやテレワーク用端末の導入、庁内の無線LAN化を行う。

②衛生環境研究所等感染症対策整備事業 4億1063万円
→PCR検査機器等の更新や保健所等の感染症対策、施設改修を行う。

③新型コロナウイルス感染症対策体制確保事業 7億2505万円(増額)
→精神科救急医療機関の院内感染防止のための設備整備や診療体制確保を支援する。

④青少年自然の家感染症対策事業 3533万円
→青少年自然の家における感染拡大防止対策を図るため、環境向上のための施設改修等を行う。

⑤みやざき応援消費促進事業 8億4193万円
→国の「Go To Eatキャンペーン」を活用し、飲食店に係る県民の応援消費を促す消費喚起を支援するとともに、市町村が行うプレミアム付商品券の発行等を支援する。

⑥中小企業金融対策費 35億1025万円
→コロナ関連の融資枠を拡大する。

このほか、国民宿舎等の衛生環境等を整備するのに9643万円、県立学校等のトイレを洋式化するのに9800万円、県立図書館や博物館等のトイレの洋式化や手洗いの自動水栓化等を行うのに1249万円を補正します。

新型コロナで県や市町村の財政がさらに逼迫する中、新しい内閣が正しい強力な財政出動ができるのか。
しっかりと注視する必要がありますね。

木代誠一郎オフィシャルサイト
https://seiichiro-kishiro.com/
木代誠一郎ご支援ページはこちら
https://go2senkyo.com/seijika/159521

この記事をシェアする

著者

木代 誠一郎

木代 誠一郎

選挙 宮崎県議会議員選挙 (2019/03/29) 3,228 票
選挙区

串間市選挙区

肩書・その他 前串間市議会議員、有限会社木代商店 取締役
党派・会派 無所属

木代 誠一郎さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家木代 誠一郎 (キシロ セイイチロウ)【宮崎県の9月補正予算案、コロナ対策は80億円】現在県議会で上程されている県の9月補正予算案を...

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube