選挙ドットコム

木代 誠一郎 ブログ

【「日本は借金まみれで財政破綻するー!」の大嘘と大罪】現在の日本や地域経済を救えるのは、政府に...

2020/5/6

【「日本は借金まみれで財政破綻するー!」の大嘘と大罪】
現在の日本や地域経済を救えるのは、政府による強力な100兆円規模の財政出動しかありません。
しかし大変残念ながら、政財界・マスコミ・官僚・国民の大多数の中で「財政破綻する!世界最悪の借金大国!財政再建のために増税!」などというデタラメが平然とまかり通っています。
少しでも皆様に“真実”を知って頂くために、日本財政のホントのことを簡潔にわかりやすく解説してみます、私なりに。

①国の借金は1110兆円!1人当たりの借金は約900万円に!
→典型的なデタラメプロパガンダ。国の借金ではなく正確には政府の負債。国債(借金)の保有者のうち半分は政府の子会社である日銀で、残りは民間銀行など。銀行は我々が貸し付けた(預けた)お金を政府に又貸しする形で国債を買っており、つまりは政府にお金を貸しているのは実質国民なのです。国民は債権者。国内預金や外国への債権を含めれば、世界一の金持ち国家。

②マスコミやいろんな人は、日本はこのままでは財政破綻する!って言うけど?
→これも大嘘。実は財務省公式ホームページに、「日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない」とバッチリ明記してあります。(「財務省 外国格付け」で検索してみてください)
その通りで、変動相場制の下で自国通貨を発行できる日本政府は、財政破綻することはあり得ません。しかも日本国債は100%円建て。自国通貨建ての国債がデフォルトした事例は皆無であり、さらにその円は準国際基軸通貨。ちなみにギリシャはユーロ建て、アルゼンチンはドル建てで財政破綻。

③でも政府がお金を刷ってばらまけば、ハイパーインフレになるでしょ?
→なりません。これも財務省公式サイトで、「ハイパー・インフレの懸念はゼロに等しい」とこれまたバッチリ明記されています。ちなみにハイパーインフレは1年で物価が130倍以上になること。ありえないですね(笑)
実際、第二次安倍政権で日銀がお金を400兆円以上大量発行しましたが、緊縮財政のせいでインフレどころかデフレが続いているのが事実です。

④少子高齢化で社会保障が崩壊するんでしょ?消費税増税は仕方ないよね?
→消費増税と緊縮財政のせいで長年日本のGDPはちーーーっとも増えていません。むしろ今は消費税ゼロにするべき。10%増税とコロナショックで日本は大不況に進みつつあります。大恐慌となれば社会保障どころではありません。
まずは消費ゼロと積極財政により経済を建て直し、その後消費税は考えればいいのです。

⑤財務省は公式見解では(こっそりと)正しいことを主張しているのに、なぜ緊縮財政や財政破綻論を押し通すの?
→核心的なことは私にもわかりませんが、メディアや政治家を通して長年国民を洗脳してきました。強大な利権も絡んでるのではないかと思います。

なぜこんなデタラメがまかり通るのか、財務省が悪い!政治家が悪い!マスコミが悪い!と言うのは簡単です。
「まずは私たちが正しい認識を持ち、声を上げる」
これこそが、将来の子孫たちに対する責任ではないでしょうか。
いい加減目を覚ますべきです。

木代誠一郎オフィシャルサイト
https://seiichiro-kishiro.com/
木代誠一郎ご支援ページはこちら
https://go2senkyo.com/seijika/159521

この記事をシェアする

著者

木代 誠一郎

木代 誠一郎

選挙 宮崎県議会議員選挙 (2019/03/29) 3,228 票
選挙区

串間市選挙区

肩書・その他 前串間市議会議員、有限会社木代商店 取締役
党派・会派 無所属

木代 誠一郎さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家木代 誠一郎 (キシロ セイイチロウ)【「日本は借金まみれで財政破綻するー!」の大嘘と大罪】現在の日本や地域経済を救えるのは、政府に...

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube