選挙ドットコム

山口 だいすけ ブログ

全てを読んでから考えてみませんか?。

2020/1/16

全てを読んでから考えてみませんか?。
香川県で全国に先駆けて作られようとしている「香川県ネット・ゲーム依存症対策条例(仮称)」
メディアで紹介されて以来、いろいろ書かれています。
ふと気になったんですが、これって全文や趣旨をきちんと読んだうえで皆意見を言っているんだろうか?
 
情報発信が容易になった現在では、情報が切り取られたり、曲解して伝わる事も多いのが現状です。そういう物に流されないようにするため、気になる情報があれば、その発信者だけの情報ではなく、本来の意味で正しい情報である大元の情報源や、異なる意見を見ることで意見を整理させるようにしています。
 
という事で県会議員の山本さんが素案をブログにアップしてくれていたので条例案そのものをじっくり読んでみました。
http://blog.livedoor.jp/mossan1968/archives/1965699.html?fbclid=IwAR38GKnXSmcr5Y88Zp82yWPrg7eUuQHF_BBhFvO4rE4FQLccPUpQgLvmz58
 
(読んでみた感想)
第18条2項(いわゆる1日60分)だけが独り歩きして、条例そのものの意味が全く伝わってない気がします。その他の内容はどうなのでしょうか?
 
例えば第8条「国との連携」では、他の依存症と同様に、対策を講じるよう国に働き掛けるとあります。
第14条「医療提供体制の整備」には、適切な医療を受けることが出来るよう医療体制の整備に取り組むといった内容になっています。
先んじて、国に予算化を求め、医療体制への支援を考えるというのは、いい内容だと思うんですよね。
また第20条ではしっかりネット・ゲーム依存の実態調査を進めていくことも書いています。
ちなみに第6条には、保護者はフィルタリングソフトウェアの利用を適切に管理する義務を負うという、既に義務化されている制度の更なる周知が書かれています。ネットとかで子ども用にスマホを購入した場合フィルタリングできていない人もいるかもしれません。この辺りは大事なことなので改めて教えてもらった感じです。
 
突発的な情報だけで否定するのではなく、ぜひ一度目を通したうえで、じっくり考えてほしいと思います。
 
個人的なことを言えば、僕は間違いなくネット依存です。でもネットやゲームがあったからこそ引きこもらずに済んだ人間です。
ただネットのせいで引きこもっている人がるいのも事実でしょうし、オンラインゲームの闇も分かるつもりです。
その上で出来る事。
 
とりあえずしっかりとした情報をしらべきちんと目を通す。そして何より子どものスマホのフィルタリングがどうなっているのか、きちんと調べる事から始めたいと思います。

この記事をシェアする

山口 だいすけさんの最新ブログ

山口 だいすけ

ヤマグチ ダイスケ/44歳/男

月別

ホーム政党・政治家山口 だいすけ (ヤマグチ ダイスケ)全てを読んでから考えてみませんか?。

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube