選挙ドットコム

高比良 正明 ブログ

岸和田市でも情報公開時に、紙でなくCDーRやDVD提供がなされるようになりました。

2018/5/15

情報公開には誰も手を付けていなかった岸和田市役所。

私が2014年に初めて公開請求しだした時には、担当者である広報広聴課も、資料を持っている原課も、墨塗りを多めにしていて、私に「これ、墨塗りで隠してるのって○○でしょ? 判例見てくださいよ。 こんなの隠しちゃダメ!」と言われ、「公開請求されるのに慣れていないので、どこまでを見せても良いのかが、わからない部分があります。 たかひらさん、今後共教えてくださいね」などと殊勝に言っていながらも、

私が本腰を入れて見だすと、公開妨害などを行う時期を経て、

やっと、大量資料をCDやDVDでの公開できるように、規則を変更することが4月からできています。

「これまで、画像などの公開請求はどうしていたのか?」と何度も訊き、

昨秋には、井上博(改革)市議の議員控室と、スキャナーを使って、スキャンするのにどれぐらいの手間と時間がかかるかの実証実験を行い、やっとのことで、ここまでこぎつけました。

井上博・市議と橋本参事には、お礼を申し上げます。

この要望は、2014年から長谷川真紀(当時:広報広聴課広聴担当主幹、現東岸和田市民センター所長)氏に、何度も話していたものですが、実験すらしてもらえなかったものでもあります。

大阪府は、情報公開については、先進自治体とも言えるのですが、ここでもおかしな運用がなされていたので、私が是正をしています。

行政文書データをCDに焼いて公開するのに、コピー代をいただきます?な大阪府の改善と、CD交付すらしない岸和田市
2017年08月07日

今回、岸和田市では、従前の大阪府式で「PDFなどPC上のものはCDに焼くが、紙ベースは1枚10円払って」との運用にとどまっています。

このコピー代がバカにならんので、何百枚も詰め込めるCD配布によって、市民負担を減らす目的があるのですが、1枚1枚をがラス板に乗せてスキャンをかけるコピー機では、職員の手間を考えると、無理強いもできません。

よって、今回は、PC内でデータ化されたものだけをCDの対象としますが、次にコピー機を機種変更する際には、一括で差し込めば自動でスキャンするコピー機への変更と、同時に紙ベースの情報もCD公開できるように要望しております。

過渡期の期間においても、私に議員控室が貸し出されれば、市民は私の部屋で(私の在不在にかかわらず)自由にスキャナーを使って、CDに焼いてもらえるようにしたいと考えておりますので、ジャンジャン情報公開をして、役場の情報をできるだけ市民間で共有していただけるよう、お願いします。

この記事をシェアする

高比良 正明さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家高比良 正明 (タカヒラ マサアキ)岸和田市でも情報公開時に、紙でなくCDーRやDVD提供がなされるようになりました。

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube