選挙ドットコム

大内 一也 ブログ

国民民主党解散  大内一也 山口県第1区 

2020/9/12

こんにちは!
大内一也(山口県第1区)です。

昨日、2年3カ月お世話になりました国民民主党が解散されました。
そして、昨年末から交渉してきました国民民主党、立憲民主党との合流が決まり、9月15日に合流新党として「立憲民主党」の党名で結党します。

私は支援者(団体)とも議論をし考え抜いたうえ、合流新党に参加します。
一方、玉木代表をはじめ、22名の方がこの合流に参加されないのは、大変残念です。

この合流までの間、代表、幹事長など交渉された執行部で何があったのか、詳細はわかりません。
ですが、国民民主党所属の22名の国会議員、またいくつかの県連、自治体議員が参加しない現状を考えますと、より大きな塊となるためにもう少し丁寧な交渉、より多くの人間が納得できる交渉をすべきだったのでは、疑問も残ります。

私は「つくろう、新しい答え。」の想いの下、現政権の政策を批判しながらも、自分たちの政策をぶつけていく提案型政党「国民民主党」こそが本来の野党の形だと信じています。
国民に支持をいただき、政権を獲れる野党の必要な要素だと確信しています。
党WEBサイトにある「国民民主党2年間の歩み」をみても、国民民主党の政策は決して間違っていなかったと確信しています。
https://www.dpfp.or.jp/two_years_of_progress

ですが、支持率が伸びなかった…
SNS上では熱烈に支持くださる方がいる一方、マスコミ調査では、よくて2%、ときに1%以下という数字もありました。
どんなに素晴らしい政党でも、支持してくださる人が少なければ、維持し続けるのは厳しいのが政治の世界。
なぜなら、支持の大きさこそが党勢拡大に影響し、ひいては政権奪取に最も必要な要素だからです。

国民皆さんのために知恵を絞って作り上げた政策、作っただけでは意味はありません。
実現するためには、政権を獲る必要があります。
そのためには、少しでも支持率を上げる必要があります。

合流新党「立憲民主党」が、どこまで支持率が上がるかわかりません。
また、国民民主党という党名が玉木代表率いる政党として新たに引き継がれていくことに対しても複雑な想いです。
ですが、多くの国民民主党の仲間とともに合流新党「立憲民主党」に参加すると決めた以上、合流新党の立憲民主党がより素晴らしい党となり支持くださる方が増えるよう、党を頼るのではなく自分自身の力で支持率が上がるよう一所懸命活動してまいります。

現政権の政策を批判しながらも、自分たちの政策をぶつけていく提案型政党となるよう努力してまいります。

これまで、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。
これからも引き続きのご支援、よろしくお願いいたします。

 

大内一也 Webサイト:https://www.ouchikazuya.com/
    Facebook:https://www.facebook.com/ouchikazuya1010
    Twitter :https://twitter.com/ouchi_kazuya

 

 

この記事をシェアする

著者

大内 一也

大内 一也

選挙 第49回衆議院議員選挙 (2021/10/21)
選挙区

山口1区 - 票

肩書・その他 山口県第一区総支部長
党派・会派 立憲民主党

大内 一也さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家大内 一也 (オオウチ カズヤ)国民民主党解散  大内一也 山口県第1区 

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube