選挙ドットコム

鳥海 直樹 ブログ

【成田市:ANAグループからの出向社員対象】【成田市:任期付職員の採用へ】【一般行政職:7名程...

2021/1/20

【成田市:ANAグループからの出向社員対象】
【成田市:任期付職員の採用へ】
【一般行政職:7名程度】

【雇用を守るための広がる出向】

【企業間出向による地域活性化】
【行政がサポートすべき】

成田市は
新型コロナウイルスの影響を受けている
ANAグループの出向社員を対象とした
任期付職員の採用を決めました

 高い接客スキルや観光振興のノウハウ等の
専門的な知識経験を有する

ANAグループの皆さまが
市の業務に従事することは

本市の職員の資質
能力の向上に資するとともに

市全体のサービス向上に繋がると
見込まれることから
令和3年4月1日から令和4年3月31日までの
任期付職員として採用するとの
報告がありました

<新型コロナウイルスの影響で経営が苦しい大手航空会社の社員について、出向の受け入れを表明する自治体が相次いでいる。(2020年11月16日)>
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020111600092&g=eco

今回の採用は良い判断であると思ってます

 これを機に
もっと幅広い分野業種での出向社員の受け入れを活性化させ

民間企業のノウハウ
サービス精神を職員との交流により
向上させるのが良いと思ってます

本来は
民間企業からの一方通行ではなく
市と民間企業の相互交流
相互出向が望ましいと考えております

しかしながら

 現在、新型コロナウイルスによる影響を
受けている企業が全業種にわたり

多くの企業、個人事業主が疲弊してる中

 本市が一部の企業の社員を
任期付きで採用すること

穿った見方をすると

不公平なのでは?
という市民目線もあろうかと思います

そう考えると

やはり、行政の役目としては

企業間出向による地域活性のスキームを
構築し

後押しすることが良いのかなと
思ってしまいます

昨年のNHK解説委員室の記事で
「雇用を守れるか? 広がる出向」
というタイトルがあり

新型コロナウイルスの影響で
厳しい経営を迫られる企業が増えている中

社員を別の企業に出向させることで

雇用をなんとか守ろうという動きが広がっているという特集がありました

《Q雇用を守るための出向ということですか?

A出向には、いろいろありますが
今、注目されているのは、外部への出向です

新型コロナウイルスの影響で、仕事が減っている企業の社員が、籍は残したまま

そして給料も、原則、その会社からもらいながら

仕事のある、グループ外の全く別の会社で
一時的に働く。そして
いずれ元の会社に戻る

という、まさに、雇用を守るための出向です》

このような企業間出向は

新型コロナウイルス時代においても
好調な会社も存在するわけで

人材共有をするスキームが
今後必要で新しい形であるのかなと
思っております

この企業間出向を

大手企業から中小企業までが
運用できるようなスキーム構築があると

新型コロナウィルス同様

今後起こりえる
大災害における危機管理対策として

有効なのではと考えるものであります

この記事をシェアする

著者

鳥海 直樹

鳥海 直樹

選挙 成田市議会議員選挙 (2019/04/14) [当選] 1,206 票
選挙区

成田市議会議員選挙

肩書 成田市議会議員
党派・会派 無所属
その他

鳥海 直樹さんの最新ブログ

鳥海 直樹

トリウミ ナオキ/49歳/男

月別

ホーム政党・政治家鳥海 直樹 (トリウミ ナオキ)【成田市:ANAグループからの出向社員対象】【成田市:任期付職員の採用へ】【一般行政職:7名程...

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube