選挙ドットコム

おぎの 稔 ブログ

令和3年大田区議会第2回定例会一般質問

2021/6/24

大田区議会議員のおぎの稔です。先日の大田区議会第二回定例会で一般質問に立たせて頂きました。

内容は

・鉄道・都市づくり部について

・若者へのワクチン摂取について、ワクチンの副反応について

・性風俗をはじめ、若い世代への支援についての3点です。

 

東京政策フォーラムの荻野稔です。
コロナ禍の中での大田区を巡る課題について、3点、取り上げさせていただきます。簡潔明瞭な答弁を宜しくお願いいたします。

まず、鉄道・都市づくり部についてお聞きします。

コロナ禍において、日本社会全体が大きく影響を受けており、国や東京都も財政状況の悪化が考えられます。先週、京都市の財政破綻の危機というニュースも話題になりましたが、少なくとも数年の間は財政的に厳しい状況に置かれることが予想されます。今後ワクチン摂取で社会情勢も変わってくるとは思いますが、大田区も例外ではなく、施策の取捨選択、財政、区民サービスの運用状況の見直しも必要になってくるでしょう。そういった中で、大田区は本年4月に鉄道・都市づくり部を新設し、東京都から赴任した方を部長として迎えました。今、この会場にもおります、高橋鉄道・都市づくり部長です。このコロナ禍において、今は新空港線のような鉄道新線の新設や、再開発のような話より、区民生活、コロナ対応が優先ではないか?という区民の方の意見も聞いています。飲食店をはじめ、文化芸術事業、アパレルの関係者なども苦境に陥っていることもお聞きしています。
コロナ禍前ではなく、なぜ、今、現在進行形で新型コロナウイルスが猛威を振るい、区民生活、行財政運営にも影響がある中、新たな部署を立ち上げたのか。また、今後、新空港線や蒲田や下丸子のまちづくり、踏切の課題などについてどのように考えるのか。見解をお示しください。

次に 若者へのワクチン摂取について伺います。

現在、医療従事者や高齢者へのワクチン摂取が行われており、情勢等変化もあるかと思うが、基礎疾患のある60歳未満の方、そして60歳未満の方とワクチン摂取が行われて行くことになると思う。特に新型コロナウイルス感染症の猛威に対抗するには、日中働く若い方々、現役世代の方々の摂取が重要になる一方、若い世代の方々は、封書や管制放送では届きにくい部分もあり、ライフスタイルも多様化しており、SNSや動画サイトなども活用し、しっかりと若い人へのワクチン摂取を勧奨していく必要があるが、どのようにお考えでしょうか?
また、ワクチンの副反応について。私のもとにも特別区消防団員としてワクチン接種が今後可能となるとの案内がきたが、そこには「ワクチンの副反応について。」特に翌日の影響について記載がありました。
大田区のワクチン摂取券は、私もサンプルを見せていただきましたが、予診表を始め、ワクチン接種を受ける方への注意事項として、勿論、これは大切なことですが、受ける時の注意事項についてはしっかりと記載がされているが「新型コロナワクチン予防接種についての説明書」という、文書に 副反応についてと記載はあるものの、その部分への具体的な言及が少ないように想う。受ける時の課題はしっかりと記載されているが、受けた後のことについてが少ないということです。安心してワクチン摂取を受けてもらうためにも、翌日などのワクチンの副反応についても記載する必要があり、広報も必要ではないでしょうか?見解を伺います。

次に性風俗をはじめ、若い世代への支援について伺います。

先ほども申し上げましたが、特にコロナ禍において、若い世代、非正規雇用の中で、アパレル、飲食、観光、サービス業の方が多く影響を受けている。業界そのものが多く影響を受ける中で、違う職種を探す、一時的な生活困窮、再建のために行政の支援、相談を受ける必要のある方もたくさんいると思う。大田区も蒲田を中心に、飲食業が多く、隣の川崎などで働く人を含め、在住者の方も少なくはないと思う。また、性風俗を巡っては、国の持続化給付金をめぐり、不支給に対する訴訟も起こされていたが、今回のコロナ禍は、今までに考えられないくらい広い範囲に影響を与えている。特に、人と人とが接しやすい業種、密を生み出しやすい業種は、営業すらままならない状況に置かれている。
性風俗については、風テラスという活動があり、この間、様々な方々の相談に答えてきたと聞いています。職の内容に問わず、住民、区民の方が幅広く相談をできる社会体制の構築について、大田区の活動を期待します。さて、大田区も様々な相談体制を構築しているが、年齢層の高い人は利用しやすい面もある一方で、行政などの支援にアクセスしにくいかた、若い方などの相談体制はどうなっているだろうか?様々なツールを活用して、しっかりと受けられているでしょうか?年代、性別、国籍などを問わずに相談でき、支援につながる体制が必要ではないかと考えるが区の見解を伺います。

この記事をシェアする

著者

おぎの 稔

おぎの 稔

選挙 大田区議会議員選挙 (2019/04/14) [当選] 3,304 票
選挙区

大田区議会議員選挙

肩書 大田区議会議員(2期)無所属
党派・会派 無所属
その他

おぎの 稔さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家おぎの 稔 (オギノ ミノル)令和3年大田区議会第2回定例会一般質問

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube