選挙ドットコム

鈴木 幸司 ブログ

6月定例会一般質問まとめ(その1)

2020/6/30

【6月24日】遠藤盛正議員「介護施設における感染症予防対策と感染者が判明した場合の富士市の対応について」Q:感染者の情報発信は?A:県(富士保健所)に確認した。PCR検査の結果は感染者のみに通知され、人権に配慮し情報発信と濃厚接触者の追跡調査が行われる。施設の利用者や家族に濃厚接触の疑いがあれば、早急に当該事業所及びケアマネージャーに連絡が行く体制となっている。Q:事業所閉鎖の判断基準は?A:一律の閉鎖基準は無い。県(富士保健所)の指示により対応していただく。Q:感染者が発生した施設の対応は?A:陽性患者は入院が原則。市内患者発生時は、県(富士保健所)が、どの医療機関に振り分けるかを調整する。濃厚接触者については施設内で隔離した上で待機。陽性が確認された場合は症状に関わらず入院。県では無症状者と軽症者用に静岡市内の民間ホテルなど150室を借り上げている。今後300室まで拡充する方針。 藤田哲哉議員「キャッシュレス化による経済活性化策と行政の効率化」Q:市内事業者を支援するための独自のポイント還元事業は?A:キャッシュレス決済には市内1894事業者が対応しているが、利用できない事業者や利用者の格差が広がる問題があるなど、技術面や公平性の問題が生じるため、市による実施には課題が多い。Q:マイナポイントの周知は?A:2万円で5千円分のポイント還元されるマイナポイントを周知すべく、広報ふじ、新聞折込やウエブ広告、コンビニにポスターの掲示など、積極的に取り組んできた。Q:納税等もキャッシュレス化できないか?A:来年度導入予定で検討を進めている。Q:富士市も「デジタルファースト宣言」してはどうか?A:宣言を予定している。業務効率や市民生活の利便性の向上を図るべくデジタル変革を加速していく。「新型コロナ感染症対策のための補修等支援事業」Q:学習支援員の配置は?A:3カ月間に及ぶ臨時休校期間中は、児童生徒に学習の遅れが生じないよう、プリントや動画配信といった取り組みをしてきた。県教育委員会は全ての小中学校に学習支援員の配置を決めた。支援の必要な児童生徒を中心に、週8時間×12週間の支援を行う。 望月徹議員「新型コロナウイルス感染症対策の安全性向上」Q:顔認証による検温可能なカメラシステムの導入は?A:マスク、手洗い、勤務前の体温測定を実施している。ご提案のシステムは熱のある人が入庁しようとした際の対応方法などに課題があり、導入できない。県内の自治体においても導入事例がないことから、今後の発生状況を勘案し、必要があれば検討する。「今年度財政の収支見込」Q:歳入不足は?A:市税法人税割、地方消費税交付金に大きな影響が続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

この記事をシェアする

著者

鈴木 幸司

鈴木 幸司

選挙 富士市議会議員選挙 (2019/04/14) [当選] 1,962 票
選挙区

富士市議会議員選挙

肩書・その他 一級建築士 政策学修士
党派・会派 無所属

鈴木 幸司さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家鈴木 幸司 (スズキ コウジ)6月定例会一般質問まとめ(その1)

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube