選挙ドットコム

田中 紀子 ブログ

分科会 香川大学法学部 三野 靖さん

2019/8/23

ゆっくり時間があれば、グラフをつくりたいくらいの資料がもらえた。
ADD65192-45F0-4A0E-8B3D-58365B5A7683.jpeg

公共施設の統廃合の状況
保育所 10年前と比べると、民間移譲がふえた。
保育所、プールは減る。
社会教育関係は、よこばい

自治事務中の自治事務 なのに、国が雛形までつくり、お金をつけ、計算式もきめ、計画を作らせた。
おかしい。みんな国にしたがった。
個別計画を作られているのは、少ない。
水は、市町村が管理すべき。企業団だと

インフラ系は、計画率、高い。
社会教育、福祉系は少ない。

指定管理者、いったい、どういう状況か。
総務省が3年ごとにだしている。
指定管理者施設をやめた施設がどのくらいあるのか。
やめた理由
指定管理者制度は、民間でももてあまし、指定管理をやめる=統廃合

公の施設
憲法でいう平等を具体化したもの。パブリックフォーラム


保育園は、保護者の契約 親が具体的な選択権がある。

施設ごとに、データをだし、住民がしることができる。
過去の作ったことは反省してからにすること。
複合施設は公共施設といっても、自治体でくぎってつかう

いかに効率的にというマネジメントから統廃合。
だれもが利用するのは、公園、道路、
少数者は、福祉施設 ほかの一般市民があまり利用しない、そういう施設だ。
だから、公共施設なんだ。利用頻度だけでははかれないものである。

住民の福祉を考え、住民の利用権を考える。
はこもの整理統廃合 住民の利用権の統廃合ではない。

この記事をシェアする

田中 紀子さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家田中 紀子 (タナカ ノリコ)分科会 香川大学法学部 三野 靖さん

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube