選挙ドットコム

田中 紀子 ブログ

プレミアム付商品券給付事務費 当初予算3992万円では足りず、6月議会でプラス46...

2019/6/24


プレミアム付商品券給付事務費 
当初予算3992万円では足りず、6月議会でプラス627
万円。
今日は、そのわけについて、本日の建設経済常任委員会での質疑でわかったことからまとめてみます。


まず、今回は、購入できる対象者が限られている。
低所得者 14,500人
(2019年度市民税が非課税の人、課税者と同一世帯・扶養家族・生活後等をうけているひとを除く)
子育て世代  3,500人
(2016年4月2日から2019年9月30日までに生まれたこども)

対象者を抽出したり、通知書、申請書、購入引換券をつくり、データ管理をするのに、
円滑な実施ができるように事務量軽減のために、システムを導入するという。
国から、その分当初の見込み額より多くもらえることになった。
こんなことは、木更津だけなのか、質問してみた。
パソコンのシステムを導入している日立情報システムが
この商品券の事務作業を軽減するプログラムを作ったので採用した。
しかしこれは、他市でも同様にやっているところがあるそうで、今回の補正予算での事業費上乗せは、木更津に限ったことではないことかわかった、
それをきいて、また、田中は思った。
あー、今回も儲かるのは、IT産業。
マイナンバーと同じしくみ。

さて、低所得者の場合を検証する。
① 案内と購入申請書が届く。
② 申請書を提出 
③ 購入引換券が届く
④ 購入引き換えをする。
  
◆わかりやすい申請書だといいんですけれど、昨今、振り込め詐欺も封書になってきたので、類似のニセ手紙がとどいたりすると不安ですね。
◆引き換え場所が君津信用組合というから、平日の限られた時間のみ。以前は、郵便局だったから、市内20か所はあったが、今回は9か所。以前より、遠くまで行かねばならない。土日は別途公共施設を検討中だという。
◆案内と購入申請書は、➀該当する人にダイレクトに届くからいいけれど、引換券をもっていく窓口では、個人情報の保護の観点でどうだろう。
◆④購入引き換えでは、低所得者も子育て世代も商品券は同一のもの。
別のものにすると、
低所得であることが店でばれてしまうのから。
でも、どうだろう。子育て世代層と高齢者、容姿は見た目で違う。

ややこしいが、もう少し。
●そもそも、低所得者とは、年収幾らを想定しているのか。一か月はいくらになるのか。
1セット4000円を支払い、5000円分を5セットまで商品券を購入できる。
果たして、家計にその余裕があるのだろうか。

●スマホにアクアコインのアプリを入れていれば、紙の商品券ではなく、スマホに商品券分をチャージできる。子育て世代には、スマホを利用している人が多そうだが、世帯主が基本だという。世帯主以外の場合、わかりやすい説明があるのだろうか。

会議後、さらに質問してみた。
●商品券分のお金を支払ったら、アクアコインを使ってチャージできるというが、商品券を購入する際には、アクアコインで購入することは、できるのか?
回答は、まだ。確認中。

発展途上のプレミアム付商品券 そもそも、こんなまどろっこしいことより、対象者に減税をと思っているが、予算総額4619万円を対象人数18000人で割ると、1人あたり、2500円を支給すれは゛いいのにと思ったのだが。
商品券発行事業管理運営業務委託をJTBにする。
JTBは、君津信用組合と行う。
ん?また、だんだんこんがらかってきた。

 

6.29 一部、加筆修正を行った。
 

この記事をシェアする

田中 紀子さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家田中 紀子 (タナカ ノリコ)プレミアム付商品券給付事務費 当初予算3992万円では足りず、6月議会でプラス46...

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube