選挙ドットコム

田中 紀子 ブログ

研修2日目も、アツい講義 

2020/10/22


2つの講義メモ
講義➀
城南信用金庫   講師 吉原毅さん

新型コロナ感染拡大と今後の地域経済

というテーマだったのだが、プロローグがたっぷりアツく語られた。
半沢直樹のドラマ、あの場面、銀行界ではあるあるです。
城南信用金庫も、10年前のあるあるでした。
今の城南信用金庫は違います。から始まり、
「信用金庫と銀行の違い」について講師は話す。

お金って、危ないもの。
近代主義  間違えだらけの株主会社。

アダムスミス、経済学者ですが、名前を知っていても
著書を読んだ人はあまりいない。
簡単に言えば、 自由主義経済思想。
分業などによって労働の生産能率を高めることによって冨を増やすことができる。
労働価値を高めるためには、設備投資や資本の蓄積が必要である。
市場において自由に競争することによって生産性が高まる。
社会全体の進歩の原動力となる。 

このアダム・スミスは、
「株式会社は、イギリス国家、社会にとって、ろくなものではない。」という趣旨のことを言っている。
会社は、民間版理想実現。どの会社も理念をかかげている。儲けるためにとはいっていない。
政治もそうでしょ。理想が実現する社会をめざす。

ところが、株主は、地域社会に貢献はない。
配当金でもうかればいい。株主が会社にもっともうけろと物申すようになる。

規制緩和によって、経済は冷え込む。
いつからそうなったのか。
1984 日米貿易摩擦 貿易の自由 金融緩和 
  アメリカは、金融を崩せば、日本はアメリカのATMになると思った
日本人からお金を集めて、外国に流れる。
物づくり大国から低迷。

アメリカが株主になって、利益を上げろと言われ、
従業員は、客を見ないで働くようになる。

さて、
城南信用金庫は、銀行とは違う。
成り立ちなどの説明のあと、
東日本大震災のときの対応、
新型コロナの対応、
具体的な地域貢献を、地域おこしの話になった。
城南信用金庫は、蔵  困ったときに使うもんだ。
ということで、中小企業が顧客の強みを活かして、病院で不足していたコロナ関連のマスクやガウンなど消耗品を、全国によびかけ、病院に届けた。

新人教育はコロナ禍でどのようにしているのかという会場からの質問に
コロナでなかなか会社に呼ぶことができなかったが、ネットで、プログラム配信している。
何のために、生きてるか、なんのための会社か。
自信を持てる経験、客からありがとうと言っもらえること。
と言い切る。

最後に、
資本主義という言葉は曖昧であるが、
上場株式会社が猛威を振るわない社会。


だれのものでもないみんなの財産、
上司、部下の関係ではなく、メンバーが出資しあい、
はなしあって経営をすすめる働き方、ワーカーズコープ、
これが理想社会の第一歩である。
とまとめていた。


講義➁ 東京新聞記者の望月衣塑子さん
「民主主義とメディア  新型コロナ禍の中で」
DSC_0636.JPG

映画「新聞記者」のモデルになった方
日本学術会議の任命拒否の話からはじまった。
新聞記者だけに、時系列にまとめて話される。
10.1. 会長に就任したその日に、赤旗スクープ。人事のことなので、お答えできない。

1983年 中曽根首相 形だけの任命と話していた。
ところが菅首相は、推薦された方から6名を除いて任命した。

憲法23条  学問の自由 特別法
憲法15条  公務員の地位について定めている   一般法

憲法15条について、検討したという。しかし、憲法23条の観点から、検討していない。

そもそも、
菅義偉首相は「(日本学術会議は)年間約10億円の予算で活動している。任命される会員は公務員の立場だ」と強調するが、
「会員が公務員並みの月給を受け取っているかのような誤解を生むが、固定給はなく、会議の日当が出るだけ」
特別職の非常勤職員みたいな位置づけだ。

菅新政権はどの方向に向かうのか、新政権発足1か月だが、
これまでのことを並べることで今後がみえてくる。

森友改竄問題
第三者委員会 調査委員会を作っていない。
財務省が身内の職員が身内を調査した。
検察長法案の話になる。
今後、このことは、調査されにくくするような人事になると話す。
裁く側の人事も、政府が決めることになりかねない。
おかしいと思うことをSNSで発信し、民意で検察長法案は廃案へと政治がうごいた。
また、法務大臣は、再度提案したいと言っている。
メディアだけではなく、国民ひとりひとりの声が集まることで、政治も変わるようになった。
あきらめないでおこう。

デジタル庁準備室
再来年、まだまだ未知数だが、これも注視しなければならない。

人事、派閥にとらわれないとしたものの、派閥バランスを考え、さらに、安倍家優遇の人事となった。

格差が開き、実質賃金も低い。
この開いた格差をどうするのか。
経済のための産めや増やせの政策。
コロナ対策が最優先というが、具体策は見えず。

最後に、望月さんは
DSC_0641.JPG


そして、この言葉を
DSC_0642.JPG

この記事をシェアする

著者

田中 紀子

田中 紀子

選挙 木更津市議会議員選挙 (2019/04/14) [当選] 2,419 票
選挙区

木更津市議会議員選挙

肩書・その他 木更津市議会議員
党派・会派 きさらづ市民ネットワーク

田中 紀子さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家田中 紀子 (タナカ ノリコ)研修2日目も、アツい講義 

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube