選挙ドットコム

おくの 尚美 ブログ

言葉の力

2019/3/31

選挙戦が始まりました。私も街頭宣伝車に乗り、市内各地を巡っています。車内から政策を訴えるだけではなく、各地域の人が多く集まりそうなとこでは降りてスポット演説もしています。多くの方から激励の言葉をいただきます。本当にありがたく思います。とても元気が出ます。

土曜日は市内北部で車から降りて街頭演説をしていると、突然バイクが方向転換して勢いよく私の方に近づいてきました。何か私に対して苦情を言いたい人かと身構えてしまいましたが、ヘルメットの中から「おくのさん、応援してるよ、今から期日前投票行ってくる!」と若い元気な声が聞こえました。本当にうれしくて、涙が出るほど感激しました。

 

何気ない一言でも言われた側はひどく傷ついたり、元気になれたり、生き甲斐になったり言葉にはとても大きな力があります。各界の著名人が残した名言を集めた本もたくさん出版されています。

私が好きな言葉をいくつか紹介します。

 

「いつも太陽をみていれば影は目に入らない。」(ヘレン・ケラー:教育・社会福祉家)

「あなたが行き詰ったと感じ、もう一歩も進めないと思ったとき、そして人生のすべての目標を見失ったと感じた時、それは実に素晴らしいチャンスです。」(アイリーン・キャディ:教育者 )

「自分と大して知能の違わない、普通の出来の人間でさえ、難問題を解決した者が数え切れないほどいるのに、自分にできないことがあるものか」(ウイリアム・フェザー:作家)

 

何か悩んだとき、困難に直面したときなどよく思い出す言葉です。その他にも好きな言葉はたくさんあります。みなさんもそれぞれお好きな言葉があるでしょうね。

医師の言葉による治療をムンテラというそうです。臨床婦人科産科という雑誌には「治療経過や予後不良を嘆いている患者に希望を持つような説明をして精神面の会話による治療をする」ことと載っていました。患者を言葉で勇気づけることも大切な治療だということだと思います。医師の心のこもった言葉は力があるでしょうね。

でも著名人や専門家の言葉を持ち出さなくても互いに掛け合う言葉で心が温かくなってがんばろうと思える言葉はたくさんあります。心が落ち込んだときには「がんばれ」と声をかけられるよりも、「たいへんだね」と状況を共有してくれる言葉がうれしくなるように思います。素晴らしい言葉でなくても心がこもった言葉なら人を勇気づけることができます。

わたしも政治の道を目指していますから、言葉をたくさん発信する立場です。私の言葉が誰かを勇気づけることがあれば本当うれしいことです。今の政治は自己責任論を持ち出し、苦しむ人に「がんばれ」と声をかけている事例が多いように思えます。そうではなく、まずは苦しむ人や困っている人に寄り添う言葉かけができる、そんな議員になりたいと私は思います。

この記事をシェアする

著者

おくの 尚美

おくの 尚美

選挙 兵庫県議会議員選挙 (2019/03/29) 6,748 票
選挙区

西宮市選挙区

肩書 元小学校職員
党派・会派 無所属
その他

おくの 尚美さんの最新ブログ

おくの 尚美

オクノ ナオミ/56歳/女

月別

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube