選挙ドットコム

おくの 尚美 ブログ

伝承

2019/3/19

「君の名は」という映画が若者を中心に大ヒットしました。小説版や主題歌も売れ行きが好調でした。ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

主人公の一人は山間の集落の古くから続く神社に生まれ、巫女として昔から伝わる風習を守っています。その古くからの伝承が物語のキーワードとなるのですが、古くからの伝承が実は集落を守る大切なカギだった、そんな例は、2014年に起きた広島市八木地区の土砂災害でもありました。

今は広島市安佐南区八木3丁目という現代風の地名ですが、昔は蛇落地悪谷という地名で、何度も大蛇が滑り降りるような水害があり、そこは山からの水の通り道だという言い伝えがあったとのこと。そんな地名はたくさんあります。興味がある方は幻冬舎新書の「この地名が危ない」(楠原佑介著)を読んでみてください。

防災伝承は各地で多く残っていますが東日本大震災で有名になったのは「津波てんでんこ」。他人を置き去りにしてでも逃げるという意味にとられがちですが、この言葉を改めて紹介した山下文男さんは、家族間でいざという時の逃げ場を確認し、互いの行動を知っておくことで離れ離れになった家族を探したり、とっさの判断に迷ったりして逃げ遅れるのを防ぐという意味だと著書で述べておられます。

今、核家族化が進み、昔からの風習が形骸化や簡素化、もしくはなくなる風潮にありますが、その中には忘れてはいけない大切なものも含まれているのかもしれません。自分たちの故郷の伝承を今一度見直してみませんか?

この記事をシェアする

著者

おくの 尚美

おくの 尚美

選挙 兵庫県議会議員選挙 (2019/03/29) 6,748 票
選挙区

西宮市選挙区

肩書 元小学校職員
党派・会派 無所属
その他

おくの 尚美さんの最新ブログ

おくの 尚美

オクノ ナオミ/56歳/女

月別

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube