選挙ドットコム

おくの 尚美 ブログ

大切な言葉

2019/3/15

私は、一冊の本をなんども読み返すことがあります。それはその本に書かれている言葉にもう一度触れたくなるからです。最近、繰り返し読んだ言葉を少し紹介します。

ドラマにもなった大山淳子著「猫弁と魔女裁判」。母親に置き去りにされ、児童養護施設で育った優秀な弁護士である主人公。婚約者からもらった一番大切な言葉は「おかえりなさい」だった…。

もう一冊、乃南アサ著「しゃぼん玉」。親の愛に恵まれず、その場しのぎの犯罪を繰り返すしか生きるすべのなかった少年が、逃避行中に宮崎の山中で出会った老婆とひょんなことから生きなおす物語。質素だけど手作りの食事に沸かしたての熱い風呂。そして何より老婆から事あるごとにかけてもらう「ぼうが、ええ子なとは、婆ちゃんがよおく知っとると」の言葉。おそらく一度もそう言った言葉をかけてもらったことのない主人公を少しずつ変えていくのです。

かけた人にとっては何気ない言葉でも温かい言葉は人の心に力をもたらし、冷たい言葉は力を奪っていく。言葉を大事にしたいと改めて考えさせられました。

この記事をシェアする

おくの 尚美さんの最新ブログ

おくの 尚美

オクノ ナオミ/53歳/女

月別

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube