選挙ドットコム

結城 亮 ブログ

府中市も待機児童解消のために保育士確保へもう一歩大胆な施策を

2019/6/25

府中市議会議員の 結城りょう です。

 

今朝(6月25日)の毎日新聞1面と3面に、保育所に入所できない待機児童数の問題について特集記事を掲載しています。記事では全国の主要75市区町村で待機児童数が7894人となり、前年から29%(3271人)減となっています。待機児童数がゼロだったのは、東京都港区、杉並区、京都市、名古屋市など8市区。一方で35自治体には100人一状の待機児童数がいるとのことです(世田谷区、明石市など)。

 

また3面には、自治体間では保育士不足が問題になっていることから、厚遇策を掲げて争奪戦をしている様子を伝えています。記事にもありますが、「保育士の求人倍率は年々増加しており、65の自治体で独自に保育士の確保策として手当を増加しています。東京都も17年度から保育士のキャリアに応じて昇給している施設への補助を増額して、保育士一人あたり月平均4万4000円」としています。

 

私も以前ブログで書きましたが、町田市では新卒を対象にした保育士募集の説明会を開催するなどの企画をしています。府中市の場合も、保育所建設に「気を抜くと」また待機児童数が増え、多摩ワーストワンになる可能性は大いにあります。またこの記事にもありますが、保育所の立地も必要な条件です。府中市内でも南西部地域は住宅増で住民が増え、保育所入所希望者数が増えていますが、この地域には保育所数が追い付かず、希望する地域にある保育所に入所できないケースがあります。共産党議員団はこうした課題を少しでも解決するために、市立保育所の統廃合は、待機児童解消を優先にさせて、再編計画の延期とあわせて認可保育所の増設を求めています。

この記事をシェアする

結城 亮さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家結城 亮 (ユウキ リョウ)府中市も待機児童解消のために保育士確保へもう一歩大胆な施策を

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube