選挙ドットコム

結城 亮 ブログ

激戦狛江市長選挙・・市民生活優先の具体的な政策を掲げる田中とも子候補

2018/7/17

7月15日に告示された東京、狛江市の市長選挙ですが、私も現地に応援に行きましたが、田中候補と松原候補の主張と争点が表れてきました。田中とも子候補は、きわめて具体的な政策を争点にかがげています。「災害死者ゼロ、孤立死ゼロ、待機児童ゼロ」を大きなスローガンにかかげ、中央図書館や公民館の充実、市民福祉の施策の充実、情報公開のさらなる徹底など、市民生活に密着した政策と透明な行政を鮮明に打ち出しています。同時に前の高橋市長の時に問題となった、セクハラの根絶などの女性の人権問題、情報公開も正面にすえています。この点においても、矢野市政の正当な後継市長候補であることは言うまでもないと思います。

 

一方で松原陣営は田中陣営に対して「田中候補はセクハラ問題しか語っていない」という「攻撃」をしていると現地の田中選対の方から聞きました。裏を返せば、松原陣営はそこしか田中候補を「攻める」ことができないのかもしれません。また田中、松原両候補の政策チラシを比べると、表面的には「大きな」違いは感じないかもしれません。しかし田中候補は政策が極めて具体的です。この点では先日の両候補の公開討論会においても鮮明になったと聞いています。なにより今回の市長選挙では、前の高橋市長のセクハラ問題という女性の人権問題において、松原候補を推薦する自民、公明両陣営がどういう態度をとったのか、市民に対して「けじめ」ある鮮明な態度を貫いたのか、ここも大きく問われる選挙ではないでしょうか。この点で自公陣営は決定的な致命傷があると指摘せざるをえません。

市民生活最優先の市政、女性市長の誕生で女性の人権守る市政、市民に対する情報公開をさらに前に進める市政という点においても、田中とも子候補を勝利にむけて押し上げたいと思います。

結城亮(結城りょう)

この記事をシェアする

結城 亮さんの最新ブログ

結城 亮

ユウキ リョウ/48歳/男

月別

ホーム政党・政治家結城 亮 (ユウキ リョウ)激戦狛江市長選挙・・市民生活優先の具体的な政策を掲げる田中とも子候補

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube