選挙ドットコム

結城 亮 ブログ

狛江市長のセクハラ疑惑・・市長と副市長が真っ向対立、議会が自浄能力を果たすか

2018/5/22

【議会の自浄能力が問われる事態・・百条委員会の設置にもちこめるかが焦点】

 

今日(22日)の大手新聞各紙の多摩版には、昨日からの狛江市政の動向が掲載されています。読売では「副市長側と真っ向対立」との見出しで、セクハラの事実を否認する高橋市長と、職員に対するセクハラが事実であり、高橋市長に事実上、辞職を要求する水野副市長とが真っ向から対立する状況が記事になっています。また記事によれば、「22日以降の狛江市の庁議で高橋市長は、水野副市長ら幹部に反論していく」と報道されています。

 おそらく今の状況、市長と幹部、職員が対立した状況において6月議会が開会することと予想されます。私は昨日のブログでも記載しましたが、高橋市長を支持してきた会派議員の態度が問われると書きましたが、市民からは議会が市長にどういう態度をとるかが、いよいよ問われる事態なるのではないでしょうか。それは市議会による市政への自浄能力が発揮されるのかどうかだと思います。このまま高橋市長がセクハラ疑惑を否認し、辞職を拒否するのであれば、私は市議会として、強制力とともなう百条委員会の設置を要求せざるえないと思います。なにより、市長によるパワハラを許さないという狛江市民の世論がこの問題の決着をつけることを期待します。

結城亮(結城りょう)

 

この記事をシェアする

結城 亮さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家結城 亮 (ユウキ リョウ)狛江市長のセクハラ疑惑・・市長と副市長が真っ向対立、議会が自浄能力を果たすか

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube