選挙ドットコム

石井 智恵 ブログ

【愛媛県議会議員いしいともえ】9月定例会代表質問①西原進平議員(志士の会)

2020/9/16

代表質問② 西原進平議員(志士の会)

 

1 安倍政権下での県政運営をどう振り返り、今後の県政推進に当たって新政権に何を望むのか。

→人口減少社会の到来、防災・減災対策、県政おいては経済対策、国土強靭化など愛媛の未来は自ら切り開くとの想いで行ってきた。新政権に向けて政策の根拠を示していただき、全国一律の対応ではなく、地域の状況に合わせた対策、社会保障制度、地方分権改革に向けて取り組んでもらいたい。

 

 

2 新型コロナウィルスの感染拡大に備え、ピーク時に十分な対応が可能な医療提供体制の強化にどう取り組んでいくのか。

→これまで保健所で一つひとつの事例を丁寧に囲い込みを行ってきて、適切な医療の確保を行ってきた。患者の推計322人へ対応するため医療機関229床、宿泊施設117床、計340床を確保している。今後医療対策の強化を行っていく。

 

 

3 感染者が確認された高齢者福祉施設でサービスの提供を継続するため、ネットワークでの取組みも含め、

どう対応するのか。

→施設へはガイドラインなど随時お知らせしてきた。マスク、消毒薬を配布、応援職員を配置するため、県内の法人に協力してもらいえひめ福祉支援ネットを創設、8月には258法人が登録。応援職員への協力金制度、介護職への防護服の取り扱いなどEラーニングで研修をした。

 

 

4 文化芸術を担う多くの人の活動再開に向け、どのように支援していくのか。

→イベント関連にかかる経費を削減、無観客の映像配信実施について21件を支援。県民文化祭は予定の8割の規模で実施予定。

 

 

5 感染拡大防止と社会経済活動の両立が求められる中、県内企業への多様な働き方の導入や県内企業の誘致にどう取り組んでいくのか。

→テレワーク導入に向けて、地方へのオフィス分散化、フレックスタイム制の導入、シェアオフィスへの補助、サテライトオフィスの誘致など。

 

 

6 新しい働き方チャレンジ宣言を契機として、働き方改革にどう取り組んでいくのか。

→長時間労働への是正、働き方改革へのチャレンジ宣言、職員の意識改革のためWEB会議実施。スマート県庁を目指しデジタル化を推進。

 

7 1人1台端末を活用した効果的なICT教育を推進するため、どのように取り組んでいくのか。

→小学校から高校まで、質の高い教育を目指し双方向型の学習をすすめ、ガイドライン作成、オンライン研修を実施、ICT活用の底上げを行っていく。

 

 

8 県は、伊方発電所の安全確保のため、乾式貯蔵施設に係る事前協議にどのように対応するのか。

→1000ガルの揺れへの対応、原子力安全専門部会を4回実施。本日乾式貯蔵設置計画の許可が下りた。事前協議していく。

 

 

9 西日本豪雨災害からの復旧・復興の現状はどうか。また、被災していない園地を含めた樹園地の再編を

どう進めていくのか。

→スプリンクラー、モノレールはほぼ完了、復興対象317地区のなか、239地区の工事進めている。優良園地の再編、JAなどと協力。

この記事をシェアする

著者

石井 智恵

石井 智恵

選挙 愛媛県議会議員選挙 (2019/03/29) [当選] 6,810 票
選挙区

松山市・上浮穴郡選挙区

肩書・その他 DV問題を考える会代表、愛媛県PTA連合会元副会長
党派・会派 無所属

石井 智恵さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家石井 智恵 (イシイ トモエ)【愛媛県議会議員いしいともえ】9月定例会代表質問①西原進平議員(志士の会)

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube