選挙ドットコム

村上 ひでのり ブログ

いわて政治塾第2回講座。

2020/9/7

いわて政治塾 第2回講座。

令和2(2020)年9月5日(土)、自民党岩手県連主催の政治塾第2回講座が開催されました。

この度は、総裁選の党員投票を総務会において強く求めた、党本部青年局長の小林史明衆議院議員をお招きし、地域における政治家のリーダーシップ〜コロナで求められる政治家の役割〜についてご講演をいただきました。

小林局長の政治信条は「テクノロジーの社会実装により個人を自由に、社会をフェアに」。民間企業時代に経験した、規制の壁による市場の弊害を取っ払うために政治家を志した方で「永田町きってのギーク」と呼ばれている方です。

初めに、規制改革の重要性と必要性について、これまでご自身が進めてきた規制改革(水産、通信、放送、公務員制度、認証制度、デジタル規制)を基に説明、そして、特にデジタル規制改革について、コロナ禍で露呈した社会問題を例に具体的な解決案が示されました。

その後は、フリーディスカッションに続きグループワークを行い、各グループから政策案の発表。インプットからアウトプットまで短時間のなか、思考をフル回転の塾生方でしたが、だからこその新たな気づきもあり、それぞれに有意義な時間であったでしょう。

さて、青年局として、我々の役割は、組織のデジタル化を進め、地域の成功事例や課題を党本部に共有しやすくすることで、地方行政にタイムリーに必要なサポートをしやすくする。そして、地方議会や経済活動に反映することで、地域課題の解決に貢献すること。
今回の総裁選については、組織のデジタル化が進んでいなかった事務方の都合で、党員投票が行えなかったという残念なお話。それを解消するためにも、我々の活動が重要であり必要です。ぜひ全国の青年局一丸となり、自民党そして日本を進化させてまいりましょう。

【事務連絡】
私は塾幹事として、コロナ禍の設営に万全を期してまいります。
初年度となる今回は、地方議員、民間及び学生の26人が入塾。来年1月にかけ、月1回のペースで行います。途中からの参加はできませんが、来年度以降も継続する予定です。引き続き、皆様からの応援を賜りますよう、お願いいたします。

この記事をシェアする

著者

村上 ひでのり

村上 ひでのり

選挙 岩手県議会議員選挙 (2019/08/30) 6,769 票
選挙区

紫波選挙区

肩書・その他 自民党岩手県連青年局幹事長,前紫波町議会議員
党派・会派  

村上 ひでのりさんの最新ブログ

村上 ひでのり

ムラカミ ヒデノリ/43歳/男

月別

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube