選挙ドットコム

むとう ゆう子 ブログ

🌻政策🌻 男女格差是正

2021/10/29

男女格差とは?

「男女格差」という言葉を聞くたびに、思い出すことがあります。

小学校時代、私は6年間、ずっと1学期の学級委員長でした。
学年で2クラスしかない小学校で、もう一つのクラスの1学期の学級委員長は常にA君で、委員になるのがB君でした。

6年生のある日、『児童会』が学校に作られることになりました。
私を可愛がってくれていた男性の教頭先生が「お前は出来はいいが、女の子だからな。」と言って、私を書記に任命したのです。
A君は児童会長になり、B君は副会長になりました。

これが『男女格差』の一例です。

当時、私は「なんで?」と思いましたが、あまりにも当たり前のことのように言われたので、そのままになってしまいました。今でも、男女格差だということに気付かないまま、「当たり前」だと思って男女格差を受け入れてしまっている方は多いのではないでしょうか?

ジェンダーギャップ指数

世界経済フォーラムが毎年発表している「ジェンダーギャップ指数(男女格差指数)」の2021年版によれば、日本の男女格差は世界156ヶ国中120位です。

欧米諸国はもちろんのこと、韓国や中国よりも、日本のランクは低いんです。
ちなみに日本の前後である119位はアンゴラ(アフリカ)で、121位はシエラレオネ(アフリカ)です。

識字率や初等教育の分野においては日本には男女格差はありません。
しかし、政治分野と経済分野における男女格差が非常に大きいことにより、総合評価としてランクが非常に下がってしまっています。

政治分野では、女性の国会議員が少ないこと、女性の総理大臣経験者がいないことが低評価につながっています。海外においては女性の国家元首が数多く生まれているために差が開いてしまっています。

経済分野では、非正規雇用の割合、正規雇用においても男女で賃金格差が大きいこと、女性の管理職が少ないことなどが低評価の原因です。

まずは国政において女性議員を増やすことが重要です。
女性国会議員が増えることで、男女格差を是正する法律が数多く制定することが可能となり、経済分野における男女格差是正が会社の社内努力ではなく、法律による責務となり、変化のスピードアップにつながるのです。

女性参政権

日本で女性に選挙の投票権、つまり参政権が与えられたのは今から75年前のことです。
昭和21年4月10日に行われた総選挙において初めて女性は投票しました。そして、初めての女性国会議員39名が誕生したのです。

女性衆議院議員の割合の変化

あれから、75年…

75年前    39名  8.4%
今年4月時点  46名  9.9%

75年かかっても、女性は一割に満たないのですね。

政治分野における男女格差是正が、あらゆる分野における男女格差を是正する近道だと私は考えています。
女性国会議員を一定程度以上にしなくてはいけないとするクオーター制の導入は検討する価値があると思っています。

国が主導して法律による男女格差の解消に努めるべきだと考えています。

そのためにも、まずは、女性国会議員を一人でも多く誕生させましょう!
 

🌻男女格差是正に努め、男女が共に輝く社会を実現します🌻

 

#日本維新の会 #衆議院議員選挙 #茨城4区 #むとうゆう子 #男女格差是正 #ジェンダーギャップ指数 #ポジティブアクション #アファーマティブアクション #積極的格差是正措置 #クオーター制

この記事をシェアする

著者

むとう ゆう子

むとう ゆう子

選挙 第49回衆議院議員選挙 (2021/10/19)
選挙区

茨城4区 25,162 票 比例 北関東ブロック 日本維新の会

肩書 日本維新の会 衆議院茨城県第4選挙区支部長
党派・会派 日本維新の会
その他

むとう ゆう子さんの最新ブログ

ホーム>政党・政治家>むとう ゆう子 (ムトウ ユウコ)>🌻政策🌻 男女格差是正

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube