選挙ドットコム

むとう ゆう子 ブログ

🌻政策🌻 外国資本参入【国内資産保護】

2021/10/27

海外在住経験や海外投資家とのビジネスの経験から、日本の法律は日本の資産を保護する重要性に気付いていないのではないかと思っています。

日本の法律は外国人や海外企業から国内資産を守ることを考えて作られていないのです。

外国人事業法

海外旅行で人気の高いタイ王国は、リゾートだけでなく海外投資家からも人気があります。

そのタイにおいては、『外国人事業法』で

  • タイ国内に会社を設立するには1名以上のタイ人が株主にならなければならない。
  • 外国人の株式保有率の上限は49%であり、51%以上の株式をタイ人が保有しなければならない。

という外国人規制が定められています。
外国から自国を守るという強い法律です。

さらに、マスメディアや農林水産業や運送業その他多くの事業を外国企業が行うことはできません。
51%以上の株式をタイ人が保有する国内企業でなければ参入できないという障壁があるのです。

日本にはこのような法律はありません。
日本人株主要件も無ければ、もちろん日本人株主の過半数要件もありません。ですから、日本の価値観を共有していない外国人や外国資本による日本法人がどんどん設立されてしまっています。

日本というすばらしいビジネスの場所を日本人不在のまま、外国人や外国資本に取られてしまう現状に歯止めをかけなければならないと私は思っています。

外国人の不動産所有

さらに日本では外国人が土地や建物を自由に購入できてしまっています。
自由取引だというのです。

しかし、外国人や海外企業が自由に日本の不動産を購入できるなんて恐ろしくないでしょうか?
国防上の観点から言っても安全とは言えませんよね。

前述のタイ王国では、外国人や海外企業は土地を取得することはできません。
自国を守るという断固たる国の方針があるのですね。

タイ王国はこれほどの外国人参入規制があっても、海外からの投資には陰りが見えません。
それだけ魅力がある国ということでしょう。

私は、日本は海外から見て魅力がある国だと思っています。

しっかりと国を守る法律を制定したうえで海外からの投資に門戸を開き、国益を守った日本人優位のビジネス展開をしていくことで、日本を豊かにすることができると考えています。

🌻『日本版 外国人事業法』を制定し、国土と国民と資産を守っていきます🌻

 

#日本維新の会 #衆議院議員選挙 #茨城4区 #むとうゆう子 #外国人事業法 #外国人 #規制 #国益 #不動産 #海外からの投資 #株式比率 #51% #国防

この記事をシェアする

著者

むとう ゆう子

むとう ゆう子

選挙 第49回衆議院議員選挙 (2021/10/19)
選挙区

茨城4区 25,162 票 比例 北関東ブロック 日本維新の会

肩書 日本維新の会 衆議院茨城県第4選挙区支部長
党派・会派 日本維新の会
その他

むとう ゆう子さんの最新ブログ

ホーム>政党・政治家>むとう ゆう子 (ムトウ ユウコ)>🌻政策🌻 外国資本参入【国内資産保護】

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube