選挙ドットコム

むとう ゆう子 ブログ

🌻政策🌻 エネルギー政策

2021/10/23

脱炭素社会

脱炭素社会に向けて、今、エネルギー政策の転換を求められています。
気候温暖化対策として、二酸化炭素を排出しないエネルギーを用いなければなりません。

原子力発電

『二酸化炭素を出さない』という理由で、原子力発電を積極的に利用しようという考えがあります。
クリーンエネルギーだというのです。

脱炭素社会を目指す趣旨は、地球温暖化を食い止めて、自然を守り、安心して暮らせる社会にしようというものではないかと考えています。

そうであれば、安心して暮らせる社会の実現が困難である原子力発電を積極的に利用しようとするのは、趣旨をないがしろにした考えではないかと思います。

原子力発電の問題点は、安全性です。
発電規模が大きいゆえに、事故が発生した際には大規模になってしまうことはご承知の通りです。
昨今、小型原子力発電が話題になり、安全性が高いということですが、実用化はされておりません。さらに慎重な検証が必要だと考えています。

再生可能エネルギー

やはり、太陽光発電・風力発電・水力発電・バイオマス発電など、再生可能エネルギーを中心に力を注いでいくべきではないかと考えています。
これまでの発電所に比べると発電量が小さいという指摘がありますが、そもそも、従来の大規模発電を前提とした発電送電システム自体を見直す時期に来ているのではないかと思っています。

小電力と蓄電技術を組み合わせることにより、小規模電力ネットワークの構築も可能となると考えています。

工場など大容量の電力が必要な場所はさておき、一般家庭のように大容量の電力を使わないであろう場所においては、マイクロ発電による小電力をしっかりとため込みながら使用するということも、今後の技術開発によって可能になってくるのではないでしょうか。

省電力

電力使用量ももっと減らす努力が必要です。

海外に比べて、日本の電気は明るすぎますし、エアコンも使いすぎています。
都心には建物が隙間なく建っており、風が通るスペースが全く無いために蒸し暑く、クーラーをガンガン使わなくては耐えられません。そのために、エアコン室外機からさらに熱風が排出されてしまい、さらにさらに外気温が高くなってしまうという悪循環に陥っています。
エアコン室外機の熱気で暑い空気がよどんでしまっています。

熱帯なみに蒸し暑い夏場に、長そで長ズボンを着用していることも見直すべきだと思っています。
沖縄では東京よりもずっと涼しいにもかかわらず、夏場には「かりゆし」という、アロハシャツのような半そでシャツを正装としているなど、涼しく暮らす工夫をしています。

🌻国民の安全を第一に考えながら、脱炭素社会に向けたあらゆる方法を検討していきます🌻

 

#SDGs #脱炭素社会 #エネルギー政策 #風力発電 #水力発電 #太陽光発電 #小規模電力網 #蓄電システム #再生可能エネルギー #省電力 #かりゆし #日本維新の会 #衆議院議員選挙 #茨城4区 #むとうゆう子 

 

 

(参照)JCO

この記事をシェアする

著者

むとう ゆう子

むとう ゆう子

選挙 第49回衆議院議員選挙 (2021/10/19)
選挙区

茨城4区 25,162 票 比例 北関東ブロック 日本維新の会

肩書 日本維新の会 衆議院茨城県第4選挙区支部長
党派・会派 日本維新の会
その他

むとう ゆう子さんの最新ブログ

ホーム>政党・政治家>むとう ゆう子 (ムトウ ユウコ)>🌻政策🌻 エネルギー政策

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube