選挙ドットコム

やまだ 賢司 ブログ

憲法審査会が開催

2020/11/29

11月26日、衆議院憲法審査会が開かれ、自由討議及び国民投票法改正法案についての質疑が行われました。

この改正は、憲法改正が発議された場合の国民投票の際の利便性を改善させるものであり、既に選挙の投票について公職選挙法改正により手当されているものと横並びの改正です。それが2年半以上にわたり審議されずに来ています。

国民投票法の改正は誰のための改正か? →有権者である国民のためのものです。

これは、決して改憲賛成派だけのためのものではありません。改憲反対派の人が反対票を投じるための利便性改善でもあります。

例えば、親御さんが投票所に連れて入れるお子さんの範囲を拡大する。現行法では「幼児」→「子供(児童、生徒、その他の18歳未満の者)」まで拡大する。

共通所投票所の創設。現行法では指定された投票所のみ→駅前や商業施設内に設けた共通投票所で投票できるようにする。

外洋を航行中の船員が、ファックス等により投票できる対象を拡大する。

など、改正に賛成か反対かに関わらず、有権者が意思を示す際の利便性に関わるものです。現に、同内容の公職選挙法の改正はほぼ全会一致で成立されています。

この投票環境の改善は、国会議員にしかできない仕事です。不便な状態を放置していくことはむしろ国会の不作為であり、速やかに結論を出し、中身の議論を深めていくべきと考えます。

 #憲法審査会 #国民投票法 #憲法改正

この記事をシェアする

著者

やまだ 賢司

やまだ 賢司

選挙 第48回衆議院議員選挙 (2017/10/10)
選挙区

兵庫7区 95,558 票 [当選] 比例 近畿ブロック 自由民主党

肩書・その他 衆議院議員 元外務大臣政務官
党派・会派 自由民主党

やまだ 賢司さんの最新ブログ

やまだ 賢司

ヤマダ ケンジ/54歳/男

月別

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube