選挙ドットコム

吉田 実貴人 ブログ

ハウステンボスのライトアップ

2018/7/17

ハウステンボスといえば、風車とチューリップ畑の風景が有名です。一方、夜は園内のライトアップがあまりに美しい。夜のチューリップもライトで照らされると、昼とはまた違った姿に見えます。ちなみに、入場料金である1dayパスポートは、大人7,300円、小人4,900円と、ディズニーランド並みです。首都圏にあり、ネームバリューもあるTDLと比べて、立地もアトラクションも見劣りする(というか違う土俵で勝負しているので優劣はありませんが・・・)にもかかわらず、強気な価格設定は、価格に見合った、サービス(優れた景観や雰囲気等の総合力)を提供しようという現れなのではないでしょうか。手植えでの植栽にかかる人件費や、ライトアップショーのコスト等をかけてでも、総合サービス力を上げて、来場者に満足してもらうこと。

41

ハウステンボスにはいくつかヨーロッパ風の古城があるのですが、下方から照らされると、石の表情が強調され、面白い。

51

昼のティラノサウルスと、夜のティラノサウルスでは、全く迫力が違う。

57

ディズニーランド張りのパレードもありました。事前の席取りもありましたが、TDLほどの激混みではないので、ゆったりと鑑賞することができました。

20

観覧車や欧州風庭園も、それぞれ独自のライトアップをやっていて、TDLのような単一のお祭りでなく、総合力で勝負していると感じました。

01

園内・建物のライトアップやパレードが独立したものでなく、街全体として光の濃淡を楽しむようにできていました。レストラン・バールも、その街の機能のひとつ。

04

季節外れのクリスマスツリー?も街の風景に溶けこんでいました。花と緑と水に囲まれたクラシックな美しい街並みは本家オランダよりも美しいともいわれています。

41

43

園内一のホテル、ホテルヨーロッパ。水面に映る建物とその光は、あまりに幻想的でした。こんなモノ・建物・街全体を、いちから造りあげてきた、その構想力・実行力に舌を巻きました。おそらく、膨大なノウハウ、そしてそれだけでなく資金力、マンパワー等が結集しなくては、実現できなかったでしょう。

開園以来18年間、赤字続きだったテーマパークが、ハウステンボスです。それを大手旅行会社エイチ・アイ・エスが2010年3月に買収し、澤田秀雄氏が陣頭指揮で再建に成功しました。その過程には壮絶なパワーがあると、肌で感じました。

48


この記事をシェアする

吉田 実貴人さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家吉田 実貴人 (ヨシダ ミキト)ハウステンボスのライトアップ

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube