選挙ドットコム

羽田 圭二 ブログ

あと一歩!羽田圭二さんを世田谷区議会へ!| 長女からのメッセージ

2019/4/20

世田谷区議会議員候補、羽田圭二への応援メッセージです。

---

私の父である羽田圭二は、明日投票日の世田谷区議選で6期目を目指しています。
世田谷は定数50に対し、75人が立候補する大激戦の選挙区です。

そこで、羽田圭二が75人の候補者の中で唯一無二と言えることをご紹介したいと思います。

●保坂のぶと区長とは、都立新宿高校定時制時代の同窓生
→10代の頃から論争を繰り広げていた仲です。保坂区長は父について「羽田さんは、私にとっても耳が痛い区政の行き届かない点についても、遠慮なくはっきりと直言をしてくれます。羽田さんと私は、本音で意見交換し、住民にとってより良き政策をつくりあげるパートナーです」とコメントしています。

●レズビアンの娘を持つことをオープンにしている
→私の妹はLGBT。父は、レズビアンの娘を持つことをオープンにしています。2013年の公表当時、“日本でもLGBTを家族に持つことをオープンにする政治家がついに登場した!”と話題になり、また、家族や友人へのカムアウトに悩む多くのLGBTの方々にとって大きな希望となりました。

父は「誰もが暮らし続けられるまち世田谷に」というスローガンを掲げ、生まれたときからご高齢になるまで、切れ目のない、全世代型の社会保障制度を世田谷から確立していくことを目指しています。

「病気、けが、障がい、失業、老化など、人びとが生きていくなかで直面するさまざまな困難にあっても、困窮せずに安心して暮らせる世田谷」「出産、子育て、介護、ひきこもりなどを、地域社会でしっかりと支える世田谷」を実現することが自分の使命であると思いながら活動しています。

幸せに生きることは、誰もが持つ当たり前の権利です。

でも、長い人生において、それが叶わないときがあります。
そんなとき、社会がしっかりとサポートしてくれたら、人は再び歩き出せるのではないでしょうか。また明日から、頑張って生きていこうと思えるのではないでしょうか。

窮地に立ったときも、それを個人の問題として決して終わらせることなく、しっかりと支える社会にしていきたいー。
これが、当選当初からの、父の一貫した政治姿勢です。
私利私欲は皆無で、小さな声や弱き声にも耳を傾け、「困った人びとのために働きたい」「ずっと世田谷で大丈夫!と思える世田谷にしたい」と汗を流す姿を間近で見てきたことが、自分の父親だからということなく、心底羽田圭二を応援したいと思っているゆえんです。

「羽田さんは5期も務めたベテランだから...」とよく言われるようですが、最後まで気の抜けない情勢です。

ぜひみなさんのお力を、私の父、羽田圭二にお寄せいただきたくお願いいたします!!

よろしくお願いいたします。

 

羽田圭二長女 村山(羽田)朋美

この記事をシェアする

羽田 圭二さんの最新ブログ

羽田 圭二

ハネダ ケイジ/65歳/男

月別

ホーム政党・政治家羽田 圭二 (ハネダ ケイジ)あと一歩!羽田圭二さんを世田谷区議会へ!| 長女からのメッセージ

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube